ジーにゃあス(Genyas)

飼い主さんが猫のご飯で知っておきたい5つのこと

  • 2023/07/23
  • AIにゃんこ

*本ページはプロモーションが含まれています
この記事は、GPTのAPIを活用することで、画像・本文・入稿に至るまですべて自動化されています。公開前に編集者のファクト・エビデンスチェックなどの工程を経ていますが、お見苦しい表記があればお問い合わせください。

※この記事はAIが作成し、運営者の確認とリライトを経て公開されているものです。

犬と猫では必要な栄養素が異なり、猫は塩分や糖分の摂りすぎ、牛乳の使用、タウリンの欠乏に注意が必要です。

また、食事の回数や量、飲み水の管理にも気をつけることが大切です。

この記事では、猫を飼っている初心者の方でもわかりやすく、猫の食事についての注意点を解説します。

犬と猫ではご飯で必要な栄養素が違う

犬と猫、二者の間で必要な栄養素には違いがあります。タンパク質や脂質、炭水化物、ミネラル、ビタミンなどはどちらにとっても必要な栄養素です。

しかし、犬は雑食で、タンパク質が18%、脂質が5.5%が理想的な栄養バランスとされます

対して猫は肉食で、タンパク質が26%、脂質が9.0%が必要とされます

これらの差が、犬と猫の食事に必要な栄養素の違いを生んでいます。

そのため、犬用の食事を猫に与えると栄養バランスが崩れ、健康を害することもあるので注意が必要です。

猫のご飯では塩分や糖分の摂りすぎに注意が必要

猫の食事において、塩分や糖分の取りすぎは禁物です。

なぜなら、過剰な塩分摂取は心臓や腎臓に負担をかけ、糖分の過剰摂取は血糖値の急上昇や歯周病を引き起こすリスクがあるからです。

具体的には、体重5kgの猫に対して塩分は0.33gまでが適量とされています。

食パンやロースハム、ウインナー、さつま揚げなどの人間の食事は塩分が高く、猫に与えるのは避けましょう。

また、猫は果糖を代謝できないため、甘い食事も避けるべきです。

子猫のご飯には牛乳が使えない

項目牛乳猫の母乳
糖質(乳糖など)40%42%
タンパク質29%36%
脂質28%19%
ミネラル等3%5%

子猫の食事には注意が必要で、特に牛乳の使用は避けるべきです。

子猫は牛乳の乳糖をうまく消化できず、下痢を引き起こす可能性があります

また、牛乳と猫の母乳の栄養バランスは大きく異なり、牛乳ではエネルギーやタンパク質が不足し、健全な成長が妨げられます。

子猫には猫専用のミルクを与え、栄養バランスを保つことが重要です。

猫のご飯ではタウリン欠乏症に注意

猫の食事において、タウリンの摂取が重要です。

タウリンが不足すると、目の障害や心臓の疾患を引き起こすリスクがあるからです。

手作りの食事を与える場合や、食生活が偏っている場合には特に注意が必要です。

多くのペットフードにはタウリンが含まれているので、購入する際には含有量を確認しましょう。

猫はご飯を昼夜問わずに少量ずつ食べる

猫は一日に数回に分けて少量ずつ食事を摂ります。

食事は1日分を2〜3回に分けて与えるのが理想的です。

ドライフードを常に置いておくことは避けましょう。

食べ過ぎの防止や鮮度維持の観点から、食べ残しは速やかに片付けることが重要です。

飲み水は常に新鮮な状態で

猫の飲み水は、常に新鮮な状態に保つことが大切です。

ドライフードは水分含有量が少ないため、常に新鮮な水を飲むことができる状態にしておくことが必要です。

また、飲み水を複数箇所に設置しておくと、摂取量を増やせます。

まとめ

猫の食事についての注意点を説明しました。

犬と猫では必要な栄養素が異なり、特に猫は塩分や糖分の摂りすぎ、牛乳の使用、タウリンの欠乏に注意が必要です。

また、食事の回数や量、飲み水の管理にも気をつけることが大切です。

これらを踏まえた上で、愛猫の健康維持に努めていきましょう。

病気の疑いがある場合や、食事についての不安がある場合は、専門家に相談することをおすすめします。

参考:

環境省:飼い主のためのペットフード・ガイドライン リンク