ジーにゃあス(Genyas)

猫の尻尾の抜け毛が心配!?原因と飼い主さんができること

  • 2023/06/21
  • AIにゃんこ

※この記事はAIが作成し、運営者の確認とリライトを経て公開されているものです。

猫の尻尾の抜け毛が気になる飼い主さんは多いと思いますが、その原因は様々なものが考えられます。

このコラムでは、ストレスや加齢、感染症、寄生虫など、猫の尻尾の抜け毛の原因について詳しく解説しています。

また、自宅でできるチェック方法や、獣医師に相談するべき症状なども記載しています。

ただし、症状が重い場合は必ず獣医師に相談してください!

猫が尻尾を噛んで毛を抜くことはある?

猫が尻尾を噛んで毛を抜くことはあります

なぜなら、猫はストレスや不安、退屈などの感情を尻尾に向けて発散することがあるからです。

たとえば、環境の変化や飼い主の不在、他の動物との関係などが原因で猫がストレスを感じます。

このようにして猫は自分の尻尾を噛んだり引っ張ったりしてしまうことがあります。

これを「心因性の脱毛症」と一般的には呼ぶようです。

そのまましておいていいもの?

猫は自分の体に傷をつけたり感染症にかかったりする可能性があるため、猫が尻尾を噛んで毛を抜くことは問題です

たとえば、猫が尻尾を噛みすぎて出血したり、細菌やカビなどの外部からの侵入者に感染したりする場合があります。

このようにして猫は自分の健康に悪影響を及ぼすことがあります。

猫の飼い主さんは、猫の行動や体調に注意し、必要に応じて動物病院に相談することが大切です。

猫の尻尾の抜け毛が多い原因

猫の尻尾の抜け毛が多いと感じたことはありませんか? 猫の尻尾は、猫の感情や健康状態を表す重要な部位です。

しかし、猫の尻尾にはさまざまな原因で抜け毛が起こる可能性があります。

その中には、猫だけでなく人にも影響を及ぼすものもありますので、下記に分けて紹介します。

  • 換毛期
  • ストレス
  • 食生活
  • 加齢
  • 環境
  • 感染症
  • 細菌感染
  • 糸状菌感染
  • 寄生虫
  • ノミ
  • 疥癬
  • アレルギーやアトピー性皮膚炎
  • 過剰なグルーミング

これらの原因を知っておくことで、猫の尻尾の抜け毛を予防したり、早期に対処したりする参考にしてください。

換毛期

猫の換毛期は、年に2回、春と秋に起こります。

なぜなら、猫は体温調節のために季節に合わせて被毛を入れ替えるからです。

春には冬毛から夏毛に、秋には夏毛から冬毛に生え変わります。

このとき、猫は全身から大量に毛が抜けるます。

これは自然現象であり、心配する必要はありません。

しかし、換毛期以外でも猫の尻尾の抜け毛が多い場合は、他の原因が考えられます。

ストレス

猫はストレスに弱い動物です。

ストレスを感じると、気分を紛らわせるためにグルーミング(毛づくろい)を行うことがあります。

しかし、過度なグルーミングをすることで被毛にダメージを与えてしまい、抜け毛が増えます。

また、ストレスは免疫力を低下させて皮膚病や感染症を引き起こす可能性もあるでしょう。

猫がストレスを感じているときは、尻尾を下げたり、ふさふさしたり、しっぽを振ったりすることがあります。

また、食欲や排泄の変化、他にも隠れたり、鳴いたりすることもあります。

これらのサインに気づいたら、猫がリラックスできる環境を作ってあげましょう。

食生活

猫の食生活は被毛の健康に大きく影響します。

猫に必要な栄養素が不足したり、過剰だったりすると、被毛の質や量に悪影響を及ぼすことがあります。

たとえば、タンパク質や脂質、ビタミンやミネラルなどが不足すると、被毛が細くなったり、乾燥したり、抜けやすくなったりします。

逆に、カロリーや塩分などが過剰に摂取されると、肥満や腎臓病などになってしまい、それらが抜け毛の原因になることもあります。

加齢

猫は加齢とともに被毛の変化を起こします。

猫は年齢を重ねると、被毛の色や質感が変わったり、抜け毛が増えたりすることがあります。

そのため、加齢が原因で猫の尻尾の抜け毛が多くなることがあるでしょう。

たとえば、白髪や灰色の毛が混じったり、被毛が硬くなったり、ハリやコシがなくなったりします。

また、皮膚も弾力性や水分保持力が低下して乾燥しやすくなります。

これらの変化は自然現象であり、必ずしも異常ではありません。

しかし、加齢に伴って慢性的な病気にかかる可能性も高まります。

定期的に動物病院で検査を受けたり、食事や運動量を調整したりすることが大切です。

環境

猫はストレスに弱い動物です。

ストレスを感じると、気分を紛らわせるためにグルーミング(毛づくろい)を行います。

しかし、過度なグルーミングをすることで被毛にダメージを与えてしまい、抜け毛が増えます。

特に、猫の口が届きやすい尻尾は、グルーミングの対象になりやすい部位です。

ストレスの原因としては、以下のようなものが考えられます。

  • 飼い主さんや家族の留守が長い
  • 新しい家族やペットの追加
  • 引っ越しや模様替え
  • 外からの音や光

これらの原因を取り除くことができれば、猫のストレスも軽減されるでしょう。

感染症

猫の尻尾に抜け毛が多く見られる場合、感染症が原因である可能性もあります。

感染症には、細菌感染と糸状菌感染があります。

これらは、傷口や皮膚の隙間から猫の体内に侵入し、炎症やかゆみを引き起こします。

そのため、猫は感染部位をかきむしったり、なめたりすることで、毛が抜ける代表例です。

また、感染症は猫だけでなく人にもうつることがありますので、注意が必要です。

細菌感染

細菌感染は、ピオーダーマ(膿皮症)と呼ばれる病気です。

猫の皮膚に常在する細菌が過剰に増殖し、皮膚に膿や炎症を引き起こします。

細菌感染の原因としては、以下のようなものが考えられます。

  • 傷口や虫刺されなどの外傷
  • アレルギーやアトピーなどの皮膚疾患
  • 免疫力の低下やホルモンバランスの乱れ

細菌感染の症状としては、以下のようなものが見られます。

  • 皮膚が赤くなる
  • かさぶたや膿ができる
  • 毛が抜ける
  • 強いかゆみがある

細菌感染は、抗生物質や消毒液などで治療します。 また、原因となる皮膚疾患や免疫力の低下なども同時に治療する必要があります。

糸状菌感染

糸状菌感染は、白癬(はくせん)と呼ばれる病気です。

糸状菌というカビの一種が皮膚や毛に寄生し、円形脱毛やフケを引き起こします。

糸状菌感染の原因としては、以下のようなものが考えられます。

  • 他の動物や人からの感染
  • 土壌や草木からの感染
  • 免疫力の低下やストレス

糸状菌感染の症状としては、以下のようなものが見られます。

  • 円形脱毛
  • フケ
  • かゆみ(あまり強くない)
  • 皮膚が赤くなる(まれ)

糸状菌感染は、抗真菌剤やシャンプーなどで治療します。

また、感染源となる動物や人、物品なども同時に消毒する必要があります。

寄生虫

意外に見落としてしまう寄生虫も原因のひとつです。

寄生虫は猫の皮膚や血液に住み着き、栄養を奪ったり、毒素を出したりします。

これにより、猫の皮膚はかゆくなり、毛が抜けやすくなるという流れです。

また、マダニは感染性貧血やバベシアなどの重篤な病気を引き起こすこともあるでしょう。

ノミ

時期的、そして季節的に発生するノミもあります。

ノミは猫の血液を吸って栄養源とします。

猫はノミに刺された部分をかゆがったり、舐めたりします。

すると、その部分の毛が抜けてしまうわけです。

また、ノミはアレルギー性外耳炎やネコノミダニ症などの皮膚病、貧血やテープワームなどの内臓病を引き起こすこともあります。

疥癬

疥癬も人間に感染する可能性があり、尻尾の抜け毛にもつながります。

疥癬は小さなダニが皮膚に入り込んで引き起こす皮膚病です。

ですから、猫はダニに刺激されて皮膚が赤くなったり、かさぶたができたりします。

すると、その部分の毛が抜けてしまいます。

また、疥癬は他の動物や人にも感染する可能性があるものです。

アレルギーやアトピー性皮膚炎

アレルギーやアトピー性皮膚炎も代表例のひとつです。

アレルギーやアトピー性皮膚炎は猫の免疫系が異常に反応して引き起こす皮膚病です。

ですから、猫は食べ物やハウスダストなどのアレルゲンに触れると、皮膚がかゆくなったり、湿疹ができたりします。

また、アレルギーやアトピー性皮膚炎は慢性的に繰り返すこともあります。

過剰なグルーミング

過剰なグルーミングも挙げられます。

過剰なグルーミングは猫がストレスや不安を感じて行う行動です。

猫は自分の体や尻尾を舐めすぎてしまい、その部分の毛が抜けてしまいます。

また、過剰なグルーミングは胃や腸の異常を引き起こすことも考えられます。

猫の尻尾の抜け毛が多い場合は、早めに獣医師さんに相談しましょう。

猫の健康を守るためにも、定期的な健康診断やワクチン接種、寄生虫予防などを行うことが大切です。

猫の抜け毛に悩んだら獣医師への相談が最初のステップ

猫の抜け毛に気づいたら、まずは自宅でできるチェックをしてみましょう。

抜け毛の量や範囲、皮膚の色や状態、かゆみや痛みの有無などを観察してください。

これらの情報は猫の健康状態を判断する手がかりになるからです。

自宅でチェックした結果、以下のような症状や様子が見られた場合は、早めに獣医師に相談することをおすすめします。

  • 抜け毛が急激に増えたり、一部分だけ抜けてしまったりする
  • 皮膚が赤くなったり、かさぶたや湿疹ができたりする
  • かゆみや痛みが強くて落ち着かない
  • 食欲や元気がなくなったり、体重が減ったりする
  • お腹がぽっこりしている

これらの症状や様子は、重度の皮膚病や内臓疾患、寄生虫感染などを引き起こす可能性があるものとされています。

不安を感じたら獣医師さんに相談するということは、長生きの秘訣なので近くの動物病院へ相談しましょう。

※管理者が実際に通った獣医師の意見やリサーチ等を参考にして作成していますが、必ずしも正しい情報とは限りません。不安なことがある場合は必ず獣医師さんへ相談してください。

今回のまとめ

抜け毛は季節や加齢による自然現象の場合もありますが、ストレスや食生活、環境、感染症、過剰なグルーミングなどが原因である場合もあります。

猫の尻尾の抜け毛に悩んだら、早めに獣医師に相談しましょう。

猫の健康を守るためにも、定期的な健康診断やワクチン接種、寄生虫予防などを行うことが大切です。

※管理者が実際に通った獣医師の意見やリサーチ等を参考にして作成していますが、必ずしも正しい情報とは限りません。不安なことがある場合は必ず獣医師さんへ相談してください。

*本ページはプロモーションが含まれています