ジーにゃあス(Genyas)

【あれ?】猫がどこを触っても怒らない4つの理由とは?

  • 2023/11/06
  • AIにゃんこ

*本ページはプロモーションが含まれています
この記事は、GPTのAPIを活用することで、画像・本文・入稿に至るまですべて自動化されています。公開前に編集者のファクト・エビデンスチェックなどの工程を経ていますが、お見苦しい表記があればお問い合わせください。

猫に触れても怒られない、不思議なひとときは多くの飼い主さんが経験します。

ただ、

触れ放題!

と思って撫でていると、いきなり怒られることもあります。

場合によっては、猫の体調や性格によって受診が必要なことも…。

この記事では、猫がどこを触っても怒らない理由を解説します。

この記事を読むことで、猫との触れ合いがより楽しくなりますし、健康チェックにも気を遣えます。

猫の好みを尊重し、ストレスを軽減する触り方を学びましょう。

猫がどこを触っても怒らない理由とは?

猫がどこを触っても怒らない理由は、以下の関係が考えられます。

  1. 快感を得られる場所を触っている可能性がある:猫は特定の場所を触られることで気持ち良さを感じることがあります。例えば、頭や顔の周り、耳の後ろ、首の下などがその一部です。優しく触れることで、猫はリラックスし、怒ることなく触られることができます。

  2. 猫の社会的な行動に基づいている:猫は社会的な動物であり、他の猫や人との関係を築くためにコミュニケーションを行います。猫は触られることで愛情や安心感を感じることがあり、それが怒りを示さない理由となることがあります。

  3. 猫の個体差:猫は個体差があり、性格や好みが異なります。一部の猫は触られることに対して敏感であり、怒りを示すことがありますが、他の猫は触られることを好み、怒らないことがあります。

  4. 猫の体調や状態:猫が触られることに対して怒りを示さない理由には、猫の体調や状態も関係しています。猫が健康でリラックスしている場合や、適切な環境下にいる場合は、触られることに対して怒りを示さないことがあります。

ただ、いずれも個体差によるものであり、猫の性格や経験によって影響を受けることに注意してくださいね。

猫がどこを触っても怒らないなら健康チェックがおすすめ

もし猫がどこを触っても怒らないのであれば、健康チェックがおすすめです。

猫は、自分の体調を隠してしまうことが多く、病気や不調を見逃すことがあります。

触られても怒らない猫は、痛みや不快感を感じていない可能性が高いため、健康状態を確認する良い機会です。

体温を測る

まずは、猫の体温を測ってみましょう。

正常な猫の体温は38度から39度の間ですから、少しあったかいなと感じるほど高いです。

体温が異常に高い場合は発熱の可能性があり、低い場合は体調不良の兆候かもしれません。

慣れてくると、40度あたりの体調不良がすぐわかります(筆者体験談)。

ただ、それまでに筆者は30匹以上も触れ続けてきました。そのため、不安なときは受診がポイントです。

体重をチェックする

次に、猫の体重をチェックしてみましょう。

体重の急激な増減は、健康問題を示すことがあります。

また、体重が適正範囲内かどうかも確認しておくと安心ですよ。

体重は、病気になれば数日で1kgくらいすぐ落ちます。

意図的に太ってもらうのは、本当に大変なため、早期発見が大切です。

なぜだか、太る子はすぐですけど…。

見た目や触り心地をチェックする

さらに、猫の皮膚や被毛をチェック。

異常なかゆみや湿疹、脱毛などがある場合は皮膚病の可能性があります。

また、猫の目や耳、歯もチェックできると安心です。

目の充血や膿、耳の異常な臭いや耳垢、歯の欠損や歯石などがある場合は病気の兆候かもしれません。

普段から状態を観察するのがポイント

普段から、猫の行動や食欲、排尿・排便の状態を観察しましょう。

食欲不振や異常な行動、尿や便の異常がある場合は病気の可能性があります。

健康チェックの結果、異常が見つかった場合は、獣医師に相談しましょう。

状況によってですが、早期の治療やケアが必要な場合もあります。

猫の体で触って怒られる場所の例

猫の体で触って怒られる場所の例は、以下のとおりです。

  1. 尾(しっぽ):猫の尾は非常に敏感。尾を引っ張られると猫は怒りや恐怖を感じることもあります。

  2. 腹部:猫の腹部は非常にデリケートな部分。腹部に触れると、防御本能から噛みついたり引っ掻いたりすることまであります。

  3. 足裏:猫の足裏は触れると非常に敏感。足裏を触られると猫は足を引っ込めたり噛みついたりするなどもみられます。

  4. :猫の耳は意外に嫌いな子が多い。耳ダニが発生していると、かゆくてイライラすることもあります。

  5. :猫の目は非常にデリケートな部分。ちょっとなら良くても、怒りや恐怖を感じてしまうかもしれません。

これらの場所を触ることは、猫にとってストレスや不快感を引き起こす可能性がありますので、注意が必要です。

猫の触り方でストレスを軽減するコツ

猫の触り方でストレスを軽減するコツは、以下のとおりです。

  1. 猫の体調を確認する:猫が触られる前に、猫がリラックスしているかどうかを確認しましょう。猫が病気や怪我をしている場合や、イライラしている場合は触らないでください。

  2. 猫の好みを尊重する:猫は個体によって好みが異なるため、触られるのが好きな場所や方法も異なります。猫が触られるのを嫌がる場所や触られ方を避け、猫が喜ぶ触り方を探しましょう。

  3. ゆっくりと優しく触る:猫は優しく触られることを好みます。ゆっくりと手を動かし、優しく撫でることで猫のストレスを軽減できます。

  4. 猫の体語を読む:猫は体調や気分を表現するために体の動きや表情を使います。猫が触られるのを嫌がっているサインを見逃さず、猫の気持ちに配慮しましょう。

  5. 適度な触り方と頻度:猫は長時間連続で触られることを好まない場合があります。猫の反応を見ながら、適度な触り方と頻度を調整しましょう。

  6. 猫の好きなおもちゃやご褒美を使う:猫が触られるのを楽しむように、おもちゃやご褒美を使ってみると良いかもしれません。

まとめ

猫は、特定の場所を触られることで快感を覚えたり、安心を感じたりすることがあります。

また、猫の個体差や体調、状態によっても触られ方には差がありますので、猫の好みを尊重し、ストレスを軽減する触り方を心がけましょう。

可能であれば、猫がどこを触っても怒らない場合は健康チェックがおすすめです。

猫の体温や体重、皮膚や被毛などの見た目や触り心地をチェックすることで、猫の健康状態を確認できます。

普段から猫の行動や食欲、排尿・排便の状態を観察し、異常が見つかった場合は獣医師に相談しましょう。