ジーにゃあス(Genyas)

猫のブラッシングの方法と注意点|毛並みを美しく保つためには?

  • 2023/07/31
  • AIにゃんこ

*本ページはプロモーションが含まれています
この記事は、GPTのAPIを活用することで、画像・本文・入稿に至るまですべて自動化されています。公開前に編集者のファクト・エビデンスチェックなどの工程を経ていますが、お見苦しい表記があればお問い合わせください。

※この記事はAIが作成し、運営者の確認とリライトを経て公開されているものです。

猫を飼っている方は、猫のブラッシングに悩んでいるのではないでしょうか?

猫のブラッシングは、抜け毛の除去、毛玉の予防、皮膚の健康維持、スキンシップなど、猫の健康と美容のために欠かせません。

しかし、猫はブラッシングを嫌がることもあります。

そこでこの記事では、猫のブラッシング方法と、ブラッシングが嫌いな場合の対処法を紹介します。

猫のブラッシングに悩んでいる方は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

猫のブラッシングは本当に必要?

猫のブラッシングは、様々な効果があるため「必要」です。

項目内容
必要性抜け毛の軽減、病気の早期発見、血行が良くなる、スキンシップなど
頻度週に2〜3回
ブラシ猫の毛の長さや状態に合わせて選ぶ
コツ優しく、猫が嫌がらないようにブラッシングする

猫のブラッシングが苦手な場合は、少しずつ慣らすようにしましょう。

猫が嫌がらないように、優しくブラッシングしてください。

抜け毛が胃や腸にたまるから

猫は毛づくろいをすることで、体から抜け毛を取り除きます。

しかし、毛づくろいをしてもすべての抜け毛が取り除かれるわけではありませんし、猫の胃や腸の中に抜け毛がたまってしまうこともあります。

猫の胃や腸の中に抜け毛がたまると、毛球症という病気を引き起こすことがあります。

毛球症は、猫が毛玉を吐き出したり、排便しきれなくなったりする病気です。

毛球症になると、猫は食欲不振や嘔吐、下痢などの症状を起こすことがありますから、予防するためにもブラッシングをこまめに行うことが大切です。

猫がブラッシングを嫌がる理由

猫がブラッシングを嫌がる理由はさまざまです。

  • ブラッシングに慣れていない
  • ブラッシングが痛い
  • ブラッシングを嫌がる性格
  • ブラッシングをしているときに爪切りや耳掃除など嫌いなことをされていた
  • ブラッシングをしているときにお腹やお尻など触られるのが嫌

ブラッシングが嫌いな猫は、無理にブラッシングしないことが大切です。

ブラッシングに慣れさせるためにまずは短い時間から始めて、猫がリラックスしているときにしましょう。

猫のブラッシングの頻度

猫のブラッシングの頻度は、以下のとおりです。

種類ブラッシング頻度ブラシの種類コツ
換毛期毎日コーム、スリッカーブラシ優しく、毛玉を丁寧に解きほぐす
長毛種毎日コーム、スリッカーブラシ少し丁寧に毛玉を丁寧に解きほぐす
短毛種週に2〜3回ピンブラシ、ラバーブラシ気になる抜け毛を取り除く

ブラッシングをする際には、ブラシを優しく当て、猫の皮膚を傷つけないようにしましょう。また、ブラッシングが嫌いな猫の場合は、無理にブラッシングをしないことも大切です。

短毛種

短毛種の猫は、長毛種の猫に比べて毛玉ができにくいですが、それでもブラッシングは必要です。

ブラッシングをすることで、抜け毛を取り除き、皮膚の健康を保つことができます。

また、ブラッシングをすることで、猫とのスキンシップもできます。

長毛種

長毛種の猫は、短毛種の猫に比べて毛玉ができやすいです。

そのため、ブラッシングをこまめに行い、毛玉を予防することが大切です。

ブラッシングをする際には、コームやスリッカーブラシを使用して、毛玉を丁寧に解きほぐしましょう。

換毛期

換毛期は、春(3月頃)と秋(11月頃)にかけての2回あります。

この時期は、猫の毛が大量に抜けるため、ブラッシングを頻繁に行いましょう。

ブラッシングをすることで、抜け毛を取り除き、部屋の掃除が楽になります。

また、ブラッシングをすることで皮膚の血行を良くし、健康を保つことができます。

猫のブラッシングのポイント

猫のブラッシングのポイントは、以下のとおりです。

  • 毛並みに沿ってブラシを使う
  • 被毛に合わせてブラシを用意する
  • ブラッシングスプレーを使う

毛並みに沿ってブラシを使う

猫のブラッシングをする際には、毛並みに沿ってブラシを使うようにしましょう。

毛の流れに逆らってブラシを使うと、猫の皮膚を傷つけてしまうことがありますし、毛玉ができやすくなることもあります。

ブラッシングをする際には、ブラシを優しく当て、猫の皮膚を傷つけないようにするのがベスト。

また、ブラッシングが嫌いな猫の場合は無理にブラッシングをしないことも大切です。

冬場のブラッシングは注意

冬場のブラッシングには、いくつか注意が必要です。

ポイント内容
暖かい部屋でブラッシングする冬場は部屋を暖かくしておく
短時間でブラッシングする長時間ブラッシングしない
保湿クリームを使用するブラッシング後に保湿クリームを使用する
猫の様子を見ながらブラッシングする猫の様子を見ながら、無理にブラッシングしない
静電気を防ぐブラッシング前にハンドクリームを塗ったり、猫の体を濡らしたりする

冬は人間でも動くのが億劫ですし、バチっと痛い静電気にも気をつけましょう。

被毛に合わせてブラシを用意する

猫の被毛には、長毛種、短毛種、中毛種などのさまざまな種類があります。

それぞれに適したブラシがありますので、自分の猫の被毛に合ったブラシを選びましょう。

例として、猫のブラシの種類と特徴を表にまとめました。

ブラシの種類特徴おすすめの対象
スリッカーブラシ細い針が並んでいて、抜け毛を取り除くのに最適。長毛種、換毛期の猫
ピンブラシ先に丸いピンが並んでいて、毛並みを整えるのに最適短毛種、毛玉の予防
ラバーブラシゴム製で抜け毛を取り除きやすくマッサージに最適長毛種、短毛種、毛玉の予防
コーム金属製で毛玉を解消するのに最適長毛種、毛玉
手袋型ブラシ手袋のように手に装着して使うブラシブラッシングが苦手な猫、毛玉の予防

ブラシを選ぶ際には、猫の被毛の長さや状態、性格などを考慮して選ぶことが大切です。

また、ブラシは定期的に掃除して清潔にしておきましょうね。

毛の長さが中間で迷ったら

猫の毛の長さが中間である場合、スリッカーブラシとピンブラシを併用するのがおすすめです。

スリッカーブラシで抜け毛を取り除き、ピンブラシで毛並みを整えましょう。

また、ラバーブラシやコームを使ってマッサージをすることもおすすめです。

ブラッシングスプレーを使う

ブラッシングスプレーを使用すると、ブラッシングが楽になります。

ブラッシングスプレーは、猫の毛に吹きかけるスプレーのことで毛をほぐし、ブラッシングをスムーズに行うことができます。

また、静電気防止や保湿効果のあるブラッシングスプレーもあります。

ブラッシングスプレーを選ぶ際には猫が舐めても安全なことを確認し、猫の被毛の長さや状態、性格などを考慮して選びましょう。

ブラッシングのキリがないときは

猫のブラッシングでキリがないときは、次の方法を試してみてください。

方法内容
ブラシを変える毛の長さや状態に合ったブラシを選ぶ
ブラッシング時間を短くする最初は短時間から始め、徐々に時間を長くしていく
猫の様子を見ながらブラッシングする猫が嫌がっているときは、無理にブラッシングしない
ブラッシングスプレーを利用する毛をほぐしてブラッシングをスムーズに行うことができる
猫を散歩に連れて行く運動することで抜け毛が減る
猫用の抜け毛取りシートを使用する抜け毛を取り除いて部屋を清潔に保つことができる

それでもキリがない場合は、獣医師に相談して適切な方法を見つけることをおすすめします(うちも何度か相談してます)。

意外に便利な方法を知っていますし、猫の性格にも合わせてくれるのが嬉しいポイントですね。

猫のブラッシングにおすすめのアイテム

猫のブラッシングにおすすめのアイテムは、下記のとおりです。

  • スリッカーブラシ :プレシャンテ ソフトスリッカーブラシ
  • ピンブラシ :プレシャンテ ピンブラシ S
  • ラバーブラシ :プレシャンテ ダブルラバーブラシ
  • コーム :ファーミネーター 小型猫 S 長毛種用
  • 手袋型ブラシ :DELAMU ペットブラシ グローブ
  • ブラッシングスプレー :SMILE PET CLUB 100%天然無添加

色々と使ってきましたが、筆者個人の意見としてはペティオ (Petio)の品質が安定していて、可愛いデザインということもあって断然おすすめです。

以降、画像の出典:Amazon

スリッカーブラシ :プレシャンテ ソフトスリッカーブラシ

ペティオ社の「プレシャンテ ソフトスリッカーブラシ」は、長毛の猫ちゃんに最適なお手入れ用品です。

細めのピンで、しっかり抜け毛ともつれ取りができます。

また、ステンレスピンを使用しており、長毛種の細い毛を優しくとかせるソフトピンが肌への当たりを軽減します。

ブラッシングが苦手な猫ちゃんでも、このブラシなら嫌がらずに受け止めてくれるでしょう。

ピンブラシ :プレシャンテ ピンブラシ S

「プレシャンテ ピンブラシ S」は、全犬種・全猫種に対応しているため、ご家庭の猫ちゃんにぴったりです。

ピンの先が丸くなっているので、猫ちゃんの肌に優しく、抜け毛やもつれを簡単に取り除くことができます。

また、ソフトラバークッションが肌への当たりを軽減し、猫ちゃんがブラッシングを嫌がりにくいのもポイントです。

ラバーブラシ :プレシャンテ ダブルラバーブラシ

プレシャンテ ダブルラバーブラシは、両面使えるだけでなく、丸洗いも可能なのでお手入れも簡単です。

全犬種・全猫種に対応し、ラバーなので毛を絡めて除去する力もそこそこあるため、抜け毛が気になる猫ちゃんにおすすめです。

ただ、やや毛や皮膚を引っ張るようなブラッシングになるため、あまり慣れていない場合は先述したピンブラシがおすすめです。

コーム :ファーミネーター 小型猫 S 長毛種用

ファーミネーターは、テンレススチールでできており、短いアンダーコートにあるアンダーコートと抜け毛を安全に取り除けるブラシです。

小型長毛猫用以外にも種類(長毛用・大型短毛など)があり、抜け毛を90%取り除くことができ、ブラシ、毛かき、くしよりも抜け毛を簡単に減らせます。

使用方法は簡単で、毛玉やもつれがある場合は使用する前にほぐし、毛の流れに沿ってブラッシングし、ワンプッシュボタンを押して歯についた毛を取り除くだけです。

ただ、かなりの毛を除去できるため、コロコロやゴミ袋などの用意はしっかりとしてから行うことを推奨します。笑

ファーミネーター系は価格が3,000円以上と高く、費用をかけたくない人には筆者的におすすめしません。ただ、除去効果はどのブラシよりも高いことは事実です。

手袋型ブラシ :DELAMU ペットブラシ グローブ

【正規品】DELAMU ペットブラシ グローブは、猫や犬のブラッシングに使用できる1ペアのグローブです。

手につけてなでるだけで、抜け毛取りやマッサージに使用できます。

グローブ型は、サッと取り付けてすぐに除去できるほか、慣れていない猫ちゃんでも使いやすいのがメリットです。

また、少し厚手のものを選べば、猫パンチから手を守りながらブラッシングできます(噛みつきは貫通するのでNG)。

ブラッシングスプレー :SMILE PET CLUB 100%天然無添加

SMILE PET CLUB 100%天然無添加は、犬や猫の毛並みを美しくするためのスプレーです。

シャンプーの代わりに使えるので、水洗いが必要ないのが便利です。

防腐剤やアルコールなどの添加物が一切入っていないほか、人にも使える品質の商品となっており、肌や毛に優しく、舐めても安心。

天然成分で作られた高機能性還元イオン水が汚れを落とし、消臭効果もあります。

ニオイが気になる人向け!基本的にスプレーはしなくても大丈夫です(筆者もスプレーの音とかが嫌いみたいで、あまり使いません)。

今回のまとめ

猫のブラッシングは、抜け毛の除去、毛玉の予防、皮膚の健康維持、スキンシップなど、猫の健康と美容のために欠かせません。

猫の被毛の長さや状態、性格に合わせて、ブラシやブラッシングスプレーを選びましょう。

ブラッシングは毎日少しずつ行うようにし、苦手な猫には手袋型ブラシやラバーブラシがおすすめですよ。