ジーにゃあス(Genyas)

うちの猫は太り過ぎ?原因と健康的な体重管理を実現する方法とは

  • 2023/08/05
  • AIにゃんこ

※この記事はAIが作成し、運営者の確認とリライトを経て公開されているものです。

猫の太り過ぎは、食事の管理が大切であり、食事によるダイエット法が最も効果的です。

ただ、食事の量と内容は猫の体重に大きく影響するため、適切な管理が求められます。

この記事では、猫の太り過ぎの原因や理想的な体重、体重管理のための方法などについて解説します。

猫の健康は、飼い主さんの責任と愛情によって支えられます。このガイドを参考に、愛猫の健康的な体重管理に努めてください。

お手頃価格の自動給餌器:カリカリマシーンECO

カリカリマシーンECO

カリカリマシーンECOには、愛猫の食事管理に役立つ機能がたくさんあります。

  • ごはんの量や時間を自由に設定できて食べ過ぎや空腹・嘔吐を防げる
  • 電源はコンセント式で電池交換の手間やコストがかからない(電気代は1日約2.4円)
  • 金属コードや回転式のフタなど、安全性に配慮した設計
  • コンパクトでおしゃれなデザインでインテリアにも馴染む
  • 録音機能で自分の声でペットに呼びかけられる
  • 国内メーカーで安心の一年間の保証付き

愛猫の健康と幸せを考えて作られており、外出でご飯に不安があるときにも最適です。

うちの猫は太り過ぎ?

猫の体重は、その体格や年齢によって適正な体重が異なります。

一般的には、猫の体重はおよそ3~5㎏とされています。

適正体重の10~20%増えると過体重、20%以上増えると肥満です。

具体的な範囲は以下の表でご確認いただけます。

適正体重過体重の範囲肥満の範囲
3.0kg3.3~3.6kg3.6kg以上
3.5kg3.85~4.2kg4.2kg以上
4.0kg4.4~4.8kg4.8kg以上
4.5kg4.95~5.4kg5.4kg以上
5.0kg5.5~6.0kg6.0kg以上

参考:環境省_パンフレット「飼い主のためのペットフード・ガイドライン ~犬・猫の健康を守るために~」 [動物の愛護と適切な管理] (env.go.jp)

原因は食事にあるかも

猫ちゃんが太ってしまう原因は、食事にあることが多いです。

「与えすぎ」が僅かでも積み重なると、体重が増えてしまうことがあります。

  • 避妊・去勢手術をした猫:手術後はエネルギーの消費量が減るため、太りやすくなります。
  • シニア期を迎えた猫:年を取ると1日に必要とするエネルギーが若いころより低下します。
  • いつも通りの食事量:太り始めたら、食事の量を見直す必要があります。

飼い主さんの悩みを解決し、猫との暮らしをより楽しく、健康的にするために食事の管理は大切です。

猫のボディコンディションスコア(BCS)

Score Condition Body

猫のボディコンディションスコア(BCS)について詳しく解説します。

  • 理想的な体重を超える(IDEAL OVER)
  • 理想的な体重未満(IDEAL UNDER)
  • 理想的(IDEAL)

このスコアリングシステムは、猫の体重管理において非常に重要なツールで、適切な栄養と健康管理のために使用されます。

太っているのか、痩せているのかはこうした基準で調べられるものです。

ただ、不安な場合やより正確に調べたい場合においては、獣医師さんへの相談をおすすめします。

参考:Cat-Body-Condition-Scoring-2017.pdf (wsava.org)

理想的な体重を超える(IDEAL OVER)

  1. 肋骨がわずかに触れる:肋骨に脂肪の覆いがありますが、わずかで、触れることができます。
  2. ウエストが識別可能で、腹部の脂肪は明確でない:腹部の脂肪はあっても明確でない状態です。
  3. 腹部の凹みが明確ではない:腹部の凹みがなくボディラインが丸みを帯びている状態です。
  4. 肋骨が中程度の脂肪で容易に触れない:肋骨の上に中程度の脂肪があり、容易に触れることができません。
  5. 腹部の丸みが明らかで、ウエストがほとんど識別できない:腹部の脂肪が中程度です。
  6. 肋骨が過剰な脂肪で触れない:腰の上の領域に脂肪が存在します。
  7. 肋骨が重い脂肪の下で触れない:四肢、顔、腰の上の領域に重い脂肪があります。
  8. 腹部の膨張があり、ウエストがない:腹部の脂肪沈着が広範囲にわたります。

ただ、ここで気をつけたいのが猫のお腹の「ぷにぷにした部分のこと」です。

これはプライモーディアルポーチ(ルーズスキン)と呼ばれます。

プライモーディアルポーチ(ルーズスキン)

a-tortoiseshell-cat-lying-on-the-table

猫のプライモーディアルポーチ、またはルーズスキンとは、猫の腹部に見られるたるんだ皮膚のことを指します。

この特徴は、特定の品種に限らず、多くの猫に見られる現象で、以下のような機能や理由があります。

  1. 保護機能:プライモーディアルポーチは、戦いやプレイ中に他の猫からの攻撃を受けた際、内臓を保護する役割を果たします。
  2. 運動の自由度:猫が走る、ジャンプするなどの活動を行う際に、皮膚で引っ張られて身体の動きを制限しないために役立ちます。

このプライモーディアルポーチは、猫の健康や体重とは直接関係がないことが多く、健康的な猫にも見られる特徴です。

したがって、この部分がたるんでいるからといって、猫が太っているわけではありません。

理想的な体重未満(IDEAL UNDER)

  1. 肋骨に触れられる、脂肪がない:短毛種の猫では肋骨が見えます。
  2. 腰椎の突起と腹部の引き込みが激しい:骨盤の部分が容易に触れます。
  3. 肋骨が容易に見えるが、脂肪がない:腹部の引き込みが顕著で明らかです。
  4. 肋骨が容易に触れる、最小限の脂肪で覆われる:腰の後ろに明確なウエストがあります。
  5. 腰の後ろにウエスト、腹部の脂肪が最小限:腹部の脂肪が欠如しています。

理想的(IDEAL)

  1. よく均整が取れている:肋骨の後ろにウエストが観察できます。
  2. 肋骨がわずかに触れる、腹部の脂肪が最小限:腹部の脂肪が最小限です。

太り過ぎの猫ちゃんに当てはまる原因

太り過ぎの猫ちゃんに当てはまる原因は、下記が挙げられます。

  • 運動不足
  • 高カロリーな食事
  • キャットフードの与えすぎ
  • おやつの与えすぎ
  • 去勢・避妊手術
  • 病気による太り過ぎ

運動不足

猫が太る一つの原因は、運動不足です。

運動をしないと、猫が食べたエネルギーが消費されず、体に蓄積されてしまいます。

人間が運動をしないでケーキばかり食べると太るのと同じで、猫も運動をしないでご飯を食べると太ります。

猫が適切に運動することは、健康的な体重を保つために重要です。

高カロリーな食事

高カロリーな食事も、猫が太る原因の一つです。

高カロリーの食事を続けると、必要以上のエネルギーが体に入ります

おいしいフライドポテトをたくさん食べると太るように、猫も高カロリーなご飯をたくさん食べると太ります。

猫には必要な量と栄養バランスの良い食事を与えることが大切です。

キャットフードの与えすぎ

キャットフードをたくさん与えすぎることも、猫が太る原因です。

パッケージに書いてある量より多く与えると、猫は太ってしまいます。

お皿に山盛りのご飯を出すと、食べきれないほどになることがあるように、猫にも適量を守ることが必要です。

おやつの与えすぎ

おやつをたくさん与えることも、猫が太る原因になります。

おやつには高カロリーなものもあるので、少量だけだからと油断してはいけません。

お菓子をたくさん食べると太るように、猫もおやつをたくさん食べると太ります。

おやつは適量にして、猫の健康を考えることが必要です。

去勢・避妊手術

去勢・避妊手術も、猫が太る原因としてよく見られます。

手術後は、以前に使っていたエネルギーが使われなくなるため、消費カロリーが減ります。

学校から自転車で帰るのをやめてバスに乗るようになると、運動が減るように、猫も手術後はエネルギーを使う量が減ります。

手術後の猫の食事や運動には、特に注意が必要です。

病気による太り過ぎ

病気も、猫が太る原因になることがあります。

体調が悪いと、運動量が減ったり、食事の消化がうまくいかなかったりすることがあるからです。

太ってしまうと、糖尿病や呼吸器不全、関節炎などのリスクも高まります。

猫の体重が急に増える場合は、病気の可能性もあるので、獣医師に相談することが大切です。

太り過ぎの猫には食事によるダイエット法が最も有効

猫の体重を減らすためには、食事によるダイエット法が最も効果的です。

運動だけではなかなか体重は減らないからです。

人間がジョギングをしても、食事を変えないとなかなか痩せないように、猫も運動だけでは体重が減らないことが多いです。

また、猫は病気になると、食べなくなり、すぐに体重が減ってしまうことがあります。

特に腎臓病などの病気では、1週間もあればガリガリになってしまうほど。

このことから、猫の体重は食事量によって変化しやすいことが明らかです。

だからこそ、適度な遊びで運動量を増やしながら、食事も適切な回数と量を保つ必要があるでしょう。

お手頃価格の自動給餌器:カリカリマシーンECO

カリカリマシーンECO

カリカリマシーンECOには、愛猫の食事管理に役立つ機能がたくさんあります。

  • ごはんの量や時間を自由に設定できて食べ過ぎや空腹・嘔吐を防げる
  • 電源はコンセント式で電池交換の手間やコストがかからない(電気代は1日約2.4円)
  • 金属コードや回転式のフタなど、安全性に配慮した設計
  • コンパクトでおしゃれなデザインでインテリアにも馴染む
  • 録音機能で自分の声でペットに呼びかけられる
  • 国内メーカーで安心の一年間の保証付き

愛猫の健康と幸せを考えて作られており、外出でご飯に不安があるときにも最適です。

まとめ

猫の健康的な体重管理には、適切な食事と運動が必要です。

猫が太ってしまう原因は、食事や運動不足などが考えられます。

また、病気によっても体重が増えることがあるため、獣医師に相談することも大切です。

愛猫の健康のために、適切な体重管理に取り組みましょう。

  • 適切な食事と運動を提供する
  • 獣医師に相談する
  • 愛猫の体重を定期的にチェックする

愛猫との楽しい生活を送るためにも、健康的な体重管理に取り組んでくださいね。

*本ページはプロモーションが含まれています