ジーにゃあス(Genyas)

猫のご飯で与えてはいけないもの・注意が必要なものは?

  • 2023/07/24
  • AIにゃんこ

*本ページはプロモーションが含まれています
この記事は、GPTのAPIを活用することで、画像・本文・入稿に至るまですべて自動化されています。公開前に編集者のファクト・エビデンスチェックなどの工程を経ていますが、お見苦しい表記があればお問い合わせください。

※この記事はAIが作成し、運営者の確認とリライトを経て公開されているものです。

  • 猫の食事について詳しく知りたい
  • 猫にどのような食品を与えてはいけないか知りたい
  • 猫が食べても良いが注意が必要な食品について知りたい

猫にとって有害な食品は、玉ねぎ、ニラ、にんにく、鶏の骨、生の魚介類、ぶどう・干し葡萄です。

一方、猫に与えても大丈夫だが注意が必要な食品にはレバー、ほうれん草、カフェイン飲料、生肉、香辛料、生卵・卵白、にぼし・海苔があります。

この記事では、猫にとって有害な食品や注意が必要な食品について解説し、猫の健康を守るために適切な食事の選び方について説明します。

猫のご飯で与えてはいけないもの

我々が愛する猫たちは、その小さな体に意外とデリケートな生物です。

一部の食品は、猫の健康に有害となる可能性があるため、絶対に与えてはなりません。

  1. 玉ねぎ
  2. ニラ
  3. にんにく
  4. 鶏の骨
  5. 生の魚介類
  6. ぶどう・干し葡萄

これらの食材が猫の体に及ぼす影響について詳しく見ていきましょう。

玉ねぎ・ニラ・にんにく

玉ねぎ・ニラ・にんにくは、猫に重大な健康リスクをもたらします

含まれる成分が猫の赤血球を破壊し、これにより貧血を引き起こす可能性があります。

玉ねぎ・ニラ・にんにくを使った料理や、にんにくを使用した調味料を与えることは避けてください。

鶏の骨

鶏の骨も猫にとって危険な食材です。

鶏の骨は細かく砕けやすく、猫が飲み込むと喉に詰まるか、内臓に傷をつける可能性があります。

例えば、鶏の唐揚げなどの骨付きの料理は与えないようにしましょう。

生の魚介類

生の魚介類もまた、猫にとって有害な食材の一つです。

生の魚介類には猫のビタミンB1を破壊する酵素が含まれています。

  • イカ
  • タコ
  • エビ
  • カニ

などの猫に生の魚介類を与えると、ビタミンB1不足を引き起こし、神経系に影響を及ぼす可能性があります。

ぶどう・干し葡萄

ぶどうや干し葡萄も猫にとって有害です。

これらの果物には、猫の腎臓に有害な成分が含まれている可能性があります。

例えば、ぶどうや干し葡萄を含む料理やスナックは、猫に与えないようにしましょう。

猫のご飯で与えてもいいけど注意が必要なもの

一方で、一部の食品は猫に与えても大丈夫ですが、一定の注意が必要です。

適量を守り、適切な調理方法を用いることが大切です。

  1. レバー
  2. ほうれん草
  3. カフェイン飲料
  4. 生肉
  5. 香辛料
  6. 生卵・卵白
  7. にぼし・海苔

それぞれの食材について詳しく見ていきましょう。

レバー

レバーは猫にとって高い栄養価を持つ食材ですが、適量を超えると有害となります。

レバーにはビタミンAが豊富に含まれており、過剰摂取するとビタミンA過多となり、骨の異常な成長を引き起こす可能性があります。

そのため、レバーを与える際は、1週間に1回程度、少量に留めてください。

ほうれん草

ほうれん草もまた、猫にとって栄養価の高い食材ですが、適量を超えると有害となる可能性があります。

ほうれん草に含まれるカルシウムオキサラートという成分が、猫の尿路結石を引き起こす可能性があります。

そのため、ほうれん草を与える際は、適量に留めてください。

カフェイン飲料

カフェイン飲料は猫にとって有害です。

カフェインには興奮作用があり、猫の心臓に負荷をかける可能性があります。

そのため、コーヒーや紅茶などのカフェインを含む飲み物を与えることは避けてください。

生肉

生肉は猫にとって良い栄養源ですが、適切に調理しないと食材由来の病原体を猫に伝える可能性があります。

生肉にはサルモネラやエシェリキア・コリなどの病原体が含まれている可能性があります。

そのため、肉を与える際は十分に加熱してから与えてください。

香辛料

香辛料は猫の消化器系に刺激を与え、消化不良を引き起こす可能性があります。

特に辛い香辛料は猫の口腔や胃腸に刺激を与えます。

そのため、猫の食事に香辛料を加えることは避けてください。

生卵・卵白

生卵や卵白もまた、猫にとって有害な食材の一つです。

生卵や卵白にはビタミンB1を破壊する酵素が含まれています。

そのため、卵を与える際は、よく加熱してから与えてください。

にぼし・海苔

にぼしや海苔もまた、猫にとって有害な食材の一つとなり得ます。

にぼしや海苔には食塩が含まれており、過剰摂取すると高血圧を引き起こす可能性があります。

そのため、にぼしや海苔を与える際は、無塩のものを選び、適量に留めてください。

まとめ

私たちが愛する猫たちの健康を守るために、与える食事は大切に選びましょう。

猫にとって有害な食材を避け、注意が必要な食材は適量に留めることが、猫との幸せな生活を続けるための鍵となります。

何か猫の体調に変化を感じた場合や、食事について不明な点がある場合は、必ず獣医師に相談してください。

猫との生活を楽しむために、適切な知識を身につけ、愛猫の健康を第一に考えましょう。

参考文献:
環境省:飼い主のためのペットフード・ガイドライン