ジーにゃあス(Genyas)

猫の換毛期はいつから・いつまで?毛が抜ける時期を知ろう

  • 2023/11/24
  • AIにゃんこ

*本ページはプロモーションが含まれています
この記事は、GPTのAPIを活用することで、画像・本文・入稿に至るまですべて自動化されています。公開前に編集者のファクト・エビデンスチェックなどの工程を経ていますが、お見苦しい表記があればお問い合わせください。

猫の換毛期については、飼い主としてはある程度の知識を持っておきたいですよね。

季節の変わり目になると、猫の毛が家中に広がることも…。

この記事では、猫の換毛期がいつから・いつまでなのかについて詳しく解説しています。

この記事を読むことで、猫の健康をサポートしながら、換毛期を快適に過ごすことができるはずです。

猫の換毛期を理解し、適切なケアを行うことで、猫との暮らしをより快適に過ごす参考にしてください。

換毛期とは何か

換毛期とは、猫の体が季節の変化に対応するため、毛の生え変わりを行う期間のことを指します。

猫は体温調節のために、夏と冬で毛の量や質を変える必要があります。

このため、特に春と秋に換毛期を迎えることが多いです。

換毛期の特徴としては、毛が抜けやすくなることや、新しい毛も生えてくることなどが挙げられます。

猫の健康状態を保つための自然な過程であり、飼い主としては適切なケアが必要となります。

換毛期はいつから?いつまで?

猫の換毛期は、通常2回あり、主に春と秋に訪れます。

これらの季節は気温の変動が大きいため、猫の体は新しい毛に生え変わります。

春の換毛期は冬毛から夏毛への移行期であり、一般的には3月から5月頃に始まります。

一方、秋の換毛期は夏毛から冬毛への移行期で、9月から11月頃に始まります。

ただし、猫の品種や生活環境によって、換毛期の始まりは多少前後することがあります。

明確に換毛期があるのはダブルコートの猫種だけ

ダブルコートの猫種(ノルウェージャン・フォレストキャットやメインクーンなど)では、春と秋の2度の換毛期が訪れます。

ダブルコートとは、猫の毛質を表す言葉で、一部の猫種に特有の特性です。

厚い下毛と長い上毛の二層からなる被毛を指し、この種の猫は特に寒い環境に適応する能力があります。

これは季節の変化に適応して体温調整をするためです。

換毛期には大量の毛が抜け落ちるため、日々のブラッシングが必要です。

また、毛玉の予防のためにも、食事に含まれる繊維質の量を増やすなどの対策が必要となります。

生活環境によっては換毛期がない

猫の換毛期は一般的に春と秋に訪れますが、生活環境によっては換毛期がないこともあります。

例えば、室内飼いの猫は、エアコンや暖房で一年を通して温度が一定に保たれます。

その結果、自然界のような季節の変化を感じにくく、換毛期がないこともあります。

また、猫の体調やストレス状態も換毛のパターンに影響を及ぼす可能性があります。

健康状態が良好でストレスも少ない環境では、換毛期がない猫もいます。

これらの状況は、通常の換毛期とは異なる特殊なケースであるため、猫の毛の状態や健康状態に異変を感じたら、必ず獣医師に相談しましょう。

換毛期の抜け毛対策の基本

猫の換毛期には、猫の抜け毛対策が必要です。

まず、換毛期の猫の抜け毛対策は、毎日のブラッシングを基本としましょう。

これにより、抜けた毛を取り除き、毛玉の形成を防ぐことができます。

また、換毛期のストレスを軽減するためには、猫が安心できる環境を整えることも大切です。

静かで落ち着いた場所で過ごせるように配慮しましょう。

ストレスや毛球症の可能性もある

猫の換毛期では、ストレスや毛球症に注意が必要です。

ストレスでは、過剰なグルーミングによる脱毛が起きます。

また、グルーミングで傷ついた部分の一部がハゲてしまうこともあるでしょう。

また、毛づくろいにより落ちた毛を飲み込むことで毛球症を引き起こす可能性もあります。

そのため、定期的なブラッシングで余分な毛を取り除き、ストレスを軽減することが推奨されます。

また、食事に毛球症対策のキャットフードを取り入れると良いでしょう。

まとめ:猫の換毛期を理解して対策を

猫の換毛期は、一般的に春と秋の年2回に始まります。

この期間は、猫が季節の変化に適応するための自然な現象で、新しい毛が生えて古い毛は抜ける時期を指します。

換毛期には、猫の毛が家中に広がる可能性もありますので、適切な対策が必要です。

毎日のブラッシングは、毛玉の形成を防ぎ、猫の皮膚の健康を維持するのに役立ちます。

健康チェックと一緒に、ブラッシングも習慣づけてみてください。