ジーにゃあス(Genyas)

猫が喉を鳴らす意味とは?ゴロゴロ音の仕組みや隠された感情を解説

  • 2022/09/04
  • にゃんコラム
喉を鳴らす 猫

*本ページはプロモーションが含まれています
この記事は、GPTのAPIを活用することで、画像・本文・入稿に至るまですべて自動化されています。公開前に編集者のファクト・エビデンスチェックなどの工程を経ていますが、お見苦しい表記があればお問い合わせください。

愛猫と暮らしていると、時折「ゴロゴロ…」と鳴く様子を目にするはずです。

人の耳にも聞こえが良く、どこか安心感を覚える鳴き声なので、「猫のゴロゴロ音で癒されている」という人も少なくはないでしょう。

ただ、猫がゴロゴロ喉を鳴らすのは決してポジティブな意味だけではないという点に注意が必要です。

場合によっては、ゴロゴロ音が猫からの「ピンチの合図」の可能性もあるので、猫がゴロゴロ鳴くときには注意深く観察しなければいけません。

そこで今回は、猫がゴロゴロ喉を鳴らす意味やそこに込められた感情について解説します。

あわせて、ゴロゴロ鳴く仕組みや飼い主さんへの影響についても紹介するので、最後までご一読ください。

今回のまとめ

愛猫がゴロゴロと喉を鳴らすのは、以下の気持ちが隠されています。

・嬉しい
・甘えたい
・親子間でコミュニケーションをとりたい
・病気や怪我を伝えたい

ただ、なぜ喉を鳴らすのかについては、未だに研究中で明確になっていません!

また、ゴロゴロと喉を鳴らさない愛猫もいますから、どうしても心配な場合は獣医師の診断を受けましょう。

筆者の家にもゴロゴロと喉を鳴らす相手を選んだり、まったく聞いたことがなかったりする愛猫もいます。必ず必要なものではないですが、伝えてくるその気持ちに気づいてあげましょう〜!
ジーにゃあス編集部
ジーにゃあス編集部

猫がゴロゴロ喉を鳴らす意味は?感情を探ろう

人間は言葉を使って感情・考えを伝えますが、猫は鳴き声を操って飼い主さんに気持ちを分かってもらおうとする動物です。

それでは、猫がゴロゴロ言いながら鳴くのにはどのような意味が込められているのでしょうか?

良い場面・悪い場面の双方があるので、状況ごとに具体的に見ていきましょう。

猫がゴロゴロ喉を鳴らすのは「嬉しい」から

猫は、嬉しいとき・安心しているとき・喜んでいるときにゴロゴロ喉を鳴らします。

人間が嬉しいとき笑顔になるのと同じです。

例えば、愛猫が嬉しい気持ちから喉をゴロゴロ鳴らすのは、次のような場面です。

  • 飼い主さんに撫でられて気持ち良いとき
  • 満腹でリラックスしているとき
  • ぐっすり寝て満足感が高いとき
  • 多頭飼いの猫同士でじゃれ合っているとき
嬉しさの表現としてゴロゴロ喉を鳴らすときの音は「中低音」です。
ジーにゃあス編集部
ジーにゃあス編集部

猫がゴロゴロ喉を鳴らすのは「甘えている」から

猫は、飼い主さんに甘えているときにゴロゴロ喉を鳴らします。

お腹を撫でて欲しい、おやつが欲しい、構って欲しいなど、飼い主さんに希望があるときに、甘えのようなニュアンスで飼い主さんに訴えかけてくるということです。

甘えの表現としてゴロゴロ喉を鳴らすときは「高音」です。人間の赤ちゃんが泣くときと同じ程度の周波数と言われています。
ジーにゃあス編集部
ジーにゃあス編集部

猫がゴロゴロ喉を鳴らすのは「親子間でコミュニケーションをとる」ため

猫は、ゴロゴロ喉を鳴らすことで親子間のコミュニケーションをとります。

まず、母猫が喉をゴロゴロ鳴らすのは、子猫に自分の居場所を知らせるため。

「にゃあ」などと鳴くと子猫を怖がらせてしまう可能性があるため、中低音で優しくゴロゴロ音を鳴らします。

また、子猫は目・耳が充分発達していない段階なので、”ゴロゴロ”の振動でコミュニケーションをとれる点でもメリットがあるようです。

次に、子猫が喉をゴロゴロ鳴らすのは、「自分は元気だよ」と母猫に知らせるため。

生まれてから生後1週間頃までは自力で鳴くことはできませんが、生後1週間を経過した頃から小さな中低音で母猫に呼びかけます。

猫がゴロゴロ喉を鳴らすのは「病気・怪我などの不安を伝える」ため

猫が高音でゴロゴロ喉を鳴らしているときには注意が必要です。

というのも、猫は、病気や怪我などの不安を抱えているときに高いゴロゴロ音で飼い主さんに不調を伝えるものだからです。

たとえば、次のようなシチュエーションに追い込まれると、猫は高いゴロゴロ音を鳴らすことがあります。

  • 病気
  • 怪我
  • 環境に不満を抱えている
  • 縄張りに侵入されて怯えている
  • 出産が迫っている
  • 亡くなる直前の瀕死のサイン など

高いゴロゴロ音は愛猫からの「ピンチ!助けて!」のサインです。

「ゴロゴロ=甘え・リラックス」だと思い込んでいると、愛猫からの重大サインを見落とすおそれがあるので、普段から猫の鳴き声には注意をしておきましょう。

危機に瀕したときにゴロゴロ喉を鳴らすのは、多幸感の元になる神経伝達物質を発生させて自分自身を安心させるためだとも言われています。ただ、どのような理由で猫がゴロゴロ鳴くにしても、そこには何かしらのメッセージが隠されているはず。信頼関係構築のためにしっかりサインを受け取ってあげましょう!
ジーにゃあス編集部
ジーにゃあス編集部

猫が喉を鳴らす仕組みは分からない

実は、猫がゴロゴロ喉を鳴らす仕組みははっきりと解明されていません

「人間が声を出すのと同じ仕組みでゴロゴロ音で鳴いているのでは?」と思われる人もいるでしょう。

ただ、猫は「にゃあ」という通常の鳴き声とゴロゴロ音を同時に出せるので、少なくとも人間が声を出す仕組みとは違った理屈でゴロゴロ音を出していると考えられます。

そこで、ここからは、猫がゴロゴロ喉を鳴らす仕組みの研究について紹介します。

喉を鳴らす仕組みがどうであれ、猫ちゃんが可愛いことに変わりはありませんよね。
ジーにゃあス編集部
ジーにゃあス編集部

猫がゴロゴロ喉を鳴らすのは発生器があるから?(仮声帯説)

猫の身体には、ゴロゴロ音を鳴らすような”発生器”のような仕組みが存在すると考えられていた時代もありました。

ただ、解剖してもそのような特別な構造は見つからなかったため、「ゴロゴロ音の発生器=仮の声帯」説は現在否定されています。

猫がゴロゴロ喉を鳴らすのは血流が振動しているから?(血流説)

猫には”仮の声帯”が存在しないことが明らかになったため、血流の振動音がゴロゴロと聞こえるのではないか、という説が生まれました(血流説)。

猫の喉元には太い大静脈が存在し、その大きな血管を通じて大量の血液を全身に送り出すときに、ゴロゴロと音が鳴るという理屈です。

猫がゴロゴロ鳴くのは筋肉を振るわせているから?(喉頭説)

喉頭筋が振動するときに空気が声帯を通過するとゴロゴロと鳴る、という考え方もあります。

猫が呼吸をするときにゴロゴロ音が止まること、筋電図で筋肉の収縮運動が観測されることが根拠です。

猫がゴロゴロ音についてのよくある疑問

最後に、猫がゴロゴロ喉を鳴らすことに関係するよくある疑問について紹介します。

  • ゴロゴロ喉を鳴らさない猫もいる?
  • 猫のゴロゴロ音は人間が聞いても大丈夫?
  • ゴロゴロ喉を鳴らす以外に猫が「幸福」のサインを示すことはある?
  • 猫はいつから喉を鳴らすようになる?

ゴロゴロ喉を鳴らさない猫もいる?

猫によっては、ゴロゴロ喉を鳴らさない個体もいます

ですから、「ゴロゴロ喉を鳴らさないのは、飼い主が信頼されていないから?」「猫が喉を鳴らさないのは病気?」など、余計な不安を感じる必要はありません。

人間と同じように、感情表現が苦手な猫ちゃんもいます。

人慣れしていなかったり、臆病だったり、大人しかったりすると、場合によっては一生ゴロゴロ鳴くことがない猫も少なくありません。

愛猫とのスキンシップや同じ空間で一緒に過ごす時間が増えると、安心感・満足感が高まってゴロゴロと喉を鳴らすことがあるかもしれません。時間をかけてゆっくりと信頼関係を構築するのがポイントです。
ジーにゃあス編集部
ジーにゃあス編集部

猫のゴロゴロ音は人間が聞いても大丈夫?

中低音のゴロゴロ音を聞くと「癒し」の効果があると言われています。

これは、猫のゴロゴロ音の低周波がセロトニンの分泌を促進し、人間の身体の緊張をほぐしてくれるからです。

自律神経やホルモンバランスの乱れが気になっている人は、愛猫と過ごす時間を増やしてみるのも良いかもしれませんね。

ゴロゴロ喉を鳴らす以外に猫が「幸福」のサインを示すことはある?

猫は色々な方法で幸せな気持ちを飼い主さんに伝えてくれます

今回ご紹介した「ゴロゴロ音」もその一つですが、他にも次のような仕草で飼い主さんに嬉しい気持ちをアピールしてくれるでしょう。

  • 猫のしっぽがピンっと立っている
  • 飼い主さんにスキンシップを求めてくる(スリスリ行動)
  • 飼い主さんにお腹を見せてくれる
  • 目を細めてじっとしている など

猫はいつから喉を鳴らすようになる?

個体差もありますが、早い子猫で生後2日頃からゴロゴロ喉を鳴らすようになります。

先ほど紹介したように、子猫が喉を鳴らすのは母猫とコミュニケーションをとるためです。

まとめ

猫がゴロゴロ喉を鳴らすのは嬉しいときが多いですが、場合によっては危険信号を意味することもあります。

いつもとは違う様子・声色でゴロゴロと鳴いているときには、すぐに動物病院に相談してください。

また、ゴロゴロ鳴かないからといって不安を感じる必要もありません

猫ちゃんごとに性格や表現方法はいろいろですから、そのまま自然に受け入れてあげましょう。