ジーにゃあス(Genyas)

猫の無駄鳴きを止めさせたい!病気を含む原因と防止・解決策を理解しよう

  • 2022/09/06
  • にゃんコラム
猫 無駄鳴き

*本ページはプロモーションが含まれています
この記事は、GPTのAPIを活用することで、画像・本文・入稿に至るまですべて自動化されています。公開前に編集者のファクト・エビデンスチェックなどの工程を経ていますが、お見苦しい表記があればお問い合わせください。

猫の無駄鳴きにはかならず理由があります

ひどい朝鳴き・夜鳴きを止めさせるには、原因に応じた対策が必要です。

そこでこのコラムでは、猫の無駄鳴きの原因・対処法について解説します。

あわせて、猫の無駄鳴きを放置するリスクや間違ったやり方も紹介するので、最後までご一読ください。

今回のまとめ

猫の無駄鳴きには、以下6つの原因があります。

・発情期
・病気や怪我
・寂しさや不安
・運動不足やストレス
・飼い主さんへの不満
・暇(退屈)

構ってというサインに限らず、重大な疾患が隠れていることもありますから、その原因や感情を汲み取りましょう。

・発情期の場合は去勢・避妊
・遊ぶ時間を増やす
・無視するタイミングを作ってメリハリをつける
・様子がおかしいならすぐ受診する

何かしらの要求や欲求があって鳴いていることがほとんどですから、冷静になってどのような気持ちか汲み取り、適切に対処しましょう!ちなみに筆者も10年以上猫に囲まれて過ごしていますが、わからないときもありますよ。
ジーにゃあス編集部
ジーにゃあス編集部

猫の無駄鳴きは重要サイン!

飼い主さんのなかには、「猫はかわいいけれど、無駄鳴きがひどいとストレスが溜まる」「しつこい無駄鳴きを止めさせたい」というように、愛猫の無駄鳴きでお困りの方がいらっしゃるでしょう。

確かに、理由もなく延々と鳴かれるとうるさいですし、飼い主さんを困らせる猫が憎らしい存在に思えてくるのも仕方のないことです。

ただ、愛猫との生活を心豊かなものにするには、仕草・鳴き声・様子をヒントに愛猫の気持ちを慮る姿勢を忘れてはいけません。

無意味に鳴く猫はいない

猫が鳴いているということは、そこには何かしらの理由があるわけで、「また猫が勝手に鳴いている」「無駄に鳴くのはやめて欲しい」と足蹴にするのは間違い

ですから、猫の鳴き声が止まないときには、「この子は何を訴えかけているんだろう」という気持ちをもって、しつこく鳴きつづける原因を見極めて、適切な対処法をとりましょう。

※本記事では便宜上、無駄鳴きの表記のまま記述しております。

人間にとっては「無駄な鳴き声」に聞こえるかもしれませんが、愛猫にとっては「無駄」ではありません。その意味では、「無駄鳴き」と表現するのではなく「要求鳴き」といった方が適切でしょう。
ジーにゃあス編集部
ジーにゃあス編集部

猫が無駄鳴きをする6つの原因

それでは、猫が無駄鳴きをする原因を具体的に見ていきましょう。

  1. 発情期
  2. 病気・怪我
  3. 寂しい・不安
  4. 運動不足やストレスが溜まっている
  5. 飼い主さんに不満がある
  6. 暇をもてあましている

猫が無駄鳴きをするのは発情期が原因

発情期を迎えたオス猫・メス猫は無駄鳴きをします。

繁殖期には個体差がありますが、日照時間が長くなる1月~9月、特に、春夏にピークを迎えることが多いです。

発情期が原因の無駄鳴きは叫ぶような大声なので、睡眠不足や近所迷惑の可能性が生じます。

猫が無駄鳴きをするのは病気・怪我が原因

老猫が無駄鳴きを繰り返す場合には、病気や怪我の可能性を疑いましょう。

猫の病気や怪我は、外から観察するだけで簡単に判別できるものだけではありません。

たとえば、認知症・痴呆症・腎機能低下・甲状腺機能亢進症・骨折など、安易に無視をすると愛猫の不調を見逃すおそれも生じます。

猫が無駄鳴きをするのは寂しさ・不安が原因

寂しいとき、環境面に不安があるとき、猫は庇護者である飼い主さんに無駄鳴きをすることがあります。

寂しさや不安が理由で無駄鳴きをするのは、寂しがり屋の性格の猫や子猫・保護猫に見られる傾向です。

月齢を重ねて独立心が強くなってくると、無駄鳴きの原因が「寂しさ・不安」である可能性は低いでしょう。

猫が無駄鳴きをするのは運動不足・ストレスが原因

猫が運動不足やストレスを抱えている場合、無駄鳴きをすることで飼い主さんに不満をアピールすることがあります。

猫は狩猟本能をもつ動物で、毎日部屋でじっとしているだけでは体力がありあまってしまいます。

運動不足を訴えて無駄鳴きをしているのに無視をしたままだと、夜の運動会や要求鳴きが今以上にひどくなるでしょう。

猫が無駄鳴きをするのは飼い主さんに不満があるから

「お腹が空いた」「トイレが汚い」「匂いつきのタオルがなくなった」など、環境面の不満を抱えている場合に無駄鳴きをすることがあります。

猫は縄張り意識が強い動物なので、自分の居住環境・生活リズムに異変を感じるとストレスを感じやすいです。

このような飼い主さんに対する不満はすぐに対処できるものなので、何に不満を抱えているのかを汲み取ってあげましょう。

猫が無駄鳴きをするのは暇だから

暇をもてあました猫は、無駄鳴きで飼い主さんに構ってアピールをすることがあります。

犬と比べると猫は独立心の強い動物ですが、ふとしたタイミングで飼い主さんとの触れ合いを欲するものです。

それなのに、飼い主さんが仕事でずっと外出していたり、自宅でも全然遊んでくれなかったりすると、退屈になって要求鳴きを繰り返すようになります。

「毎日寝てばかりだから放っておいても大丈夫だろう」と距離を置かずに、お互いにとって必要なタイミングでコミュニケーションをとりましょう。
ジーにゃあス編集部
ジーにゃあス編集部

猫の無駄鳴きを止めさせる4つの方法

猫の無駄鳴きを止めさせるには、「何を要求して無駄鳴きをしているのか」を把握するのがポイントです。

原因ごとに対策が異なるので、愛猫の様子・月齢などを勘案しながら、適切なアプローチで猫の無駄鳴き問題に向き合いましょう。

  1. 去勢・避妊手術を受けさせる
  2. 遊ぶ時間を増やす
  3. 徹底的に無視する
  4. 動物病院を受診する

去勢手術・避妊手術をして猫の無駄鳴きを止めさせる

無駄鳴きの原因が「発情期」の場合、去勢手術・避妊手術を実施して無駄鳴きを止めさせる方法が考えられます。

ただし、去勢・避妊手術だけでは100%発情本能を取り除けるわけではありません。

また、運動不足・ストレスなどを感じた場合には、ふたたび無駄鳴きを始める可能性もあるでしょう。

猫と遊ぶ時間を増やす

運動不足やストレスが原因で無駄鳴きを繰り返す場合には、愛猫と遊ぶ時間を増やすのがポイントです。

飼い主さんと一緒に遊ぶ時間が増えると、猫は運動不足を解消できるだけではなく、飼い主さんとの生活に対する満足感が増すでしょう。

なお、仕事や家事が忙しくて猫と遊ぶ時間を増やすのが難しいという場合には、猫がひとり遊びできるおもちゃやキャットタワーなどの購入をおすすめします。

猫が無駄鳴きをしても無視する

寂しさが原因で飼い主さんへの要求鳴きが止まない場合は、ひたすら無視をするのも選択肢のひとつです。

というのも、猫が無駄鳴きをするたびに飼い主さんが反応すると、「無駄鳴きをすれば構ってもらえる」と覚えてしまい、無駄鳴きがひどくなるリスクがあるからです。

とはいえ、愛猫が無駄鳴きをつづけるのに邪険に扱うのは後ろ髪を掴まれる思いに苛まれるもの。

「構いたいけど無駄鳴きがひどくなるのは困る」という場合には、飼い主さんの匂いつきのブランケットを置いたりするなどによって無駄鳴き対策を実施してみましょう。

無駄鳴きに無視を決め込むのは、寂しさ以外に無駄鳴きの原因が見当たらない場合に限られます。他の要因について検討していないうちから徹底的に無視するのは避けてください。
ジーにゃあス編集部
ジーにゃあス編集部

猫の無駄鳴きの様子がおかしいなら動物病院を受診する

月齢を重ねて無駄鳴きが増えたケースや、昼夜逆転などの変化、歩行に乱れが生じるなどの別症状を併発しているのなら、しばらく様子を観察したうえで動物病院の受診をおすすめします。

特に、精神的な落ち着きを見せるはずの老猫の無駄鳴きが増えた場合には、何かしらの不調を抱えている可能性が高いです。

猫の無駄鳴きに関するよくある疑問

最後に、猫の無駄鳴きでお困りの飼い主さんによくある疑問を紹介します。

  • 猫の無駄鳴き防止グッズは役立つのか?
  • 猫の無駄鳴きと犬の無駄吠えは同じか?
  • 暴力で猫の無駄鳴きはおさまるのか?
  • 猫の無駄鳴き問題を放置するリスクはあるのか?
  • フェリウェイは猫の無駄鳴き防止に役立つのか?

猫の無駄鳴き防止グッズでしつけするのはあり?

猫の無駄鳴きでお困りの飼い主さんに、次のようなしつけグッズがおすすめされることがあります。

もちろん、これらの商品を頼るのは間違いではありません。

ただ、無駄鳴き防止グッズは猫が嫌がる可能性が高く、強要すると猫から嫌われるおそれがあるものです。

また、しつけグッズには100%の効果を期待できるわけでもないので、お金の無駄になる可能性も否定できないでしょう。

無理に猫の感情・行為を押し付ける行為は、飼い主さんへの不信の種になりかねません。

しつけグッズなどを頼るのではなく、対等な立場で信頼関係を構築しながら無駄鳴き問題に向き合うべきでしょう。

猫の無駄鳴きと犬の無駄吠えは同じ?

猫の無駄鳴き問題・犬の無駄吠え問題は同じではありません

というのも、そもそも犬と猫はまったく性質の異なる動物だからです。

元々、猫は自分ひとりで獲物を狩る習性があり、誰かに従うことを知らずに暮らしてきた動物です。

これに対して、犬は集団で獲物をつかまえる習性があり、集団生活や誰かに従うことに慣れています。

ですから、犬の無駄吠えはしつけで解消しやすいのに対して、そもそも猫は「しつけ」に馴染まないと考えられます。

猫の無駄鳴きでお困りかもしれませんが、「猫にしつけをする」という発想が猫の個性に反するものだとご理解ください。

猫の無駄鳴きは叩いて黙らせるのが簡単?

猫を叩いても無駄鳴きは止まりません

むしろ、飼い主さんに対する警戒心が増して、要求鳴きや問題行動が増えるだけです。

そもそも、動物愛護の観点から、猫に手をあげること自体が間違いです。

各自治体で猫の適正飼養方法などについてガイドラインが提示されているので、この機会にご参照ください。

例(群馬県):「飼い猫の適正飼養及び飼い主のいない猫対策ガイドライン」平成29年3月群馬県

猫の無駄鳴きを無視するリスクはある?

猫の無駄鳴きには個体差がありますが、無駄鳴きがひどい場合に無視をつづけると次のようなデメリットが生じかねません

  • 朝鳴き・夜鳴きが原因で飼い主さんがノイローゼになる
  • 猫の激しい無駄鳴きのせいでご近所トラブルに発展する
  • 無駄鳴き以外の問題行動が発生する

「徹底的な無視」が適切な無駄鳴き対策になることもありますが、状況次第では何かしらの対策をとるべきケースも少なくありません。

匙加減が難しいですが、猫の様子を上手に汲み取りながら無駄鳴きがひどくならないように試行錯誤しましょう。

筆者は在宅ですので、鳴き声がしたらそばで働いたり、見える位置にいたりします。ひどいときには運動をメインに30分ほど遊び、そのまま休憩するといったルーティンで健康に意識を向けながら向き合っています。
ジーにゃあス編集部
ジーにゃあス編集部

猫の無駄鳴き防止にフェリウェイは効果がある?

猫の無駄鳴きにフェリウェイが効果的だといわれることがあります。

フェリウェイ(FELIWAY)とは、猫が分泌するフェイシャルホルモンを活用したストレス緩和製品のことです。

猫に安心感を与えられるので、無駄鳴き・過度な爪とぎ・スプレー行動を防止できるというメリットがあります。

ただし、効果が即効性ではなかったり、環境面に対する不満に対応しにくかったりなどのデメリットがある点も否定できません。

猫の無駄鳴きの原因を理解したうえで、飼い主さんの判断でご活用ください。

まとめ

猫の無駄鳴きを強制的に黙らせるのは簡単ではありません

猫は自意識の強い動物なので、愛猫の目線から無駄鳴きの原因を探り、それに適した対策をとるのが適切なアプローチでしょう。

コミュニケーションの頻度・食事の回数など、飼い主さん側の工夫ひとつで無駄鳴きが止まることもあります。

猫・飼い主さん双方にとってストレスのない生活のため、猫の行動に隠された気持ちをしっかりと探ってあげましょう。

Profile

ジーにゃあス-吉田
ジーにゃあス-吉田編集長
約10年の間、野良猫の保護や一時的に保護された猫の引き取りなど、多く猫たちを家族として迎え入れて一緒に過ごしてきました。現在でも、30匹ほどの猫と一緒に暮らしています。10年ほどで実際に得た知識や方法、一緒に暮らす上で役立つ情報を発信しますので、ぜひ参考にしてください。