ジーにゃあス(Genyas)

【アオーン】猫の夜鳴きを止める方法を解説!うるさい甘えん坊は無視が正解?

  • 2022/08/29
  • にゃんコラム
猫 夜鳴き

*本ページはプロモーションが含まれています
この記事は、GPTのAPIを活用することで、画像・本文・入稿に至るまですべて自動化されています。公開前に編集者のファクト・エビデンスチェックなどの工程を経ていますが、お見苦しい表記があればお問い合わせください。

猫の夜鳴きを止める方法はあります。

ただし、夜鳴きの原因ごとに対処法が異なるため、まずは原因を探ることから始めましょう。

ちなみに、叫ぶような夜鳴き声がうるさいとしても、叱りつけたり叩いたりしてはいけません。

というのも、強制的なアプローチでは猫の夜鳴きは止まらないからです。

今回のコラムでは猫が夜鳴きをする原因や状況別の対策について具体的に紹介するので、最後までご一読ください。

今回のまとめ

猫の夜泣きは原因ごとに対処が異なるので、強制的なアプローチは厳禁!

・子猫
原因 → 寂しい・甘え
対策 → 夜は原則無視(癖になるため)。昼間に甘える時間を作ろう。

・保護猫
原因 → 環境の変化に対する不安
対策 → 部屋の電気をつけておく。普段の匂いがついたものを置く。

・成猫
原因 → 発情期
対策 → 原則無視(刺激すると悪化する)。避妊・去勢手術を受ける。

・老猫
原因 → 病気などの異変のサイン
対策 → 体調に変化がないかチェックし、不安なら受診。

・全猫共通
原因 → 環境・飼い主さんへの不満
対策 → 食事・トイレ・運動(スキンシップ)などを見直す

猫の夜鳴きは大切なメッセージなので、「なぜ鳴くのだろう」と気持ちを探る姿勢が大切!

猫は薄明薄暮性の動物なので(夜行性ではありません)、夜中や明け方に活動的になるのは普通のこと。単発的な夜鳴きなら生理現象の可能性が高いので、過度に心配する必要はありません。
ジーにゃあス編集部
ジーにゃあス編集部

猫の夜鳴き問題を放置する3つのリスク

「猫も動物なんだから夜鳴きくらいするだろう」と寛容な姿勢でいるのも大切なことです。

というのも、猫には犬と違ってしつけが難しいという特性があるからです。

ただ、猫は理由があるから夜鳴きをするものですし、原因次第では早期の対策が求められます

そこで、まずは、原因を探らずに猫の夜鳴きを無視する危険性について、具体的に見ていきましょう。

猫の夜鳴きが原因で飼い主さんに健康被害が生じる

猫の夜鳴きを放置したままだと、飼い主さんの健康に問題が生じる可能性があります。

猫の夜鳴きは「アオーン」などの大きな声で執拗に行われることも。

すると、飼い主さんは睡眠不足になるでしょうし、その結果、体力低下・精神不安定などの深刻な問題に発展しかねません。

また、夜鳴きの問題は声だけではなく、活発に歩き回ることで物を落としたり、高いところに飛びついたりするなど「騒音」も一定数あります。

猫の夜鳴きが酷いと騒音トラブルで引越しを余儀なくされる

住宅街やマンションで暮らしている場合、猫の夜鳴きが酷いと近隣住民との騒音トラブルに発展するリスクがあります。

他人のペットの扱いについて、口うるさい人は意外に多くいます。

苦情が来るだけでもストレスが溜まりますし、場合によっては引越しを余儀なくされることもあるでしょう。

どうしてもご近所への騒音が気になるのなら、防音・遮音シートを壁・窓に貼ったり防音工事済の物件を探すのがおすすめです。クッションフロアを置くだけでも、下の階への音を減らせます。
ジーにゃあス編集部
ジーにゃあス編集部

猫からの大切なサインを見落としてしまう

猫の夜鳴きを何も考えずに無視するということは、「猫が夜鳴きをする原因」から目を背けるということ。

猫の夜鳴き問題に向き合わなければ、愛猫の現状を充分理解できないということです。

猫は言葉を使う代わりに、仕草・行動・態度などで飼い主さんに色々な情報を伝えようとしています。

夜鳴きは重要なメッセージである可能性が高いので、しっかりと理由を探っていきましょう。

猫の状況別~夜鳴きの原因と対処法~

猫の夜鳴きの原因を探るときには、年齢・性別・状況ごとに分析するのが効果的です。

  • 子猫→寂しい・甘え
  • 保護猫→環境の変化に対する不安
  • 成猫→発情
  • 老猫→病気などの異変のサイン
  • 全猫共通→環境・飼い主さんへの不満

【原因①】子猫特有の夜鳴きは「寂しくて甘えている」から

子猫は寂しさや甘えの気持ちから夜鳴きをします。

たとえば、生後間もない子猫は、母猫や飼い主さんへの依存度が高いです。

母親の姿が見えなかったり、飼い主さんのぬくもりを感じられなかったりすると不安を感じるのは当然でしょう。

また、本来であれば猫は夜行性ですから、人間の暮らしに慣れるまでは夜間から朝方にかけて活動します。

楽しい・嬉しいと思える時間が、昼間にあると徐々に人間とあわせて暮らすようになりますので、様子を見ながら徐々に移行しましょうね。
ジーにゃあス編集部
ジーにゃあス編集部

【対策】子猫の夜鳴きは原則無視

寂しさ・甘えが理由の夜鳴きをやめさせる最適な方法は「無視」です。

寂しいときにその都度相手をすると、「夜鳴きをすれば構ってもらえる」と記憶してしまいます。

これでは、夜鳴きは酷くなるばかりです。

小さい子猫が夜鳴きをする姿は可愛いので無視するのはつらいかもしれませんが、夜鳴き癖をやめさせるために意を決して無視をしてください。

【原因②】保護猫特有の夜鳴きは「環境の変化に対して不安」だから

保護猫、ペットショップからお迎えした猫など、自宅に来て間もない猫が夜鳴きをする原因は、環境の変化に対して不安を抱いているからです。

今まで安心して暮らしていた環境が奪われてしまった、新しい環境に馴染めない・警戒心が高まっているなどの場合、不安を表すために夜鳴きをします。

【対策】保護猫の夜鳴き対策は不安除去が最優先

保護猫・ペットショップの猫の夜鳴きをやめさせるには、不安を除去するのが最適です。

たとえば、次のような方法で愛猫が安心できる環境を整えましょう。

  • 部屋の電気をつけておく
  • 飼い主さんのにおい付きブランケットをケージに入れる
  • 隠れられる場所を作る(段ボールやハウスなど)
  • 静かな場所に住処を設置する など

【原因③】成猫特有の夜鳴きは「発情期」だから

成猫の夜鳴きの原因は「発情」です。

発情期に入ると、異性の猫にアピールをするために、夜鳴きが激しくなります。

ただし、猫の性別によって夜鳴きの特徴が異なります。

  • オス猫:夕方~明け方に発情行動をとることが多い。「アオーン」と野太い声で叫ぶ。
  • メス猫:春~秋の夜中に発情行動をとることが多い。雄猫を呼びつけるために大きな声で鳴く。
女の子の場合は、甲高い声で何度も繰り返し鳴くことが多く、普段からは想像できないレベルです。
ジーにゃあス編集部
ジーにゃあス編集部

【対策】成猫の夜鳴きは避妊手術・去勢手術が効果的

発情期が原因の夜鳴きをやめさせる方法は、避妊手術・去勢手術です。

生殖機能を奪うことによって、発情による夜鳴きはやむでしょう。

ただし、去勢後も一定数の猫にはオスとしての行動が残ると言われています(スプレー行動やマウンティングなど)。

また、避妊手術・去勢手術後に性格が甘えん坊になる場合には、飼い主さんに構って欲しくて夜鳴きをすることもあります。

「手術をしたからひと安心」というわけではなく、常に愛猫がどのような状況なのかを考えて夜鳴き対策を考えましょう。

発情期は手術しても100%終わるものではない

これは筆者の経験談ですが、男の子(去勢)も女の子(避妊)しても、発情期が必ずしも終わるものではありません。

男の子ならマウンティングやスプレー行動が残ります(匂いは抑えられる)し、女の子でも軽い発情期の状態で夜鳴きが続くことがあるためです。

また、まだ去勢や避妊が終わっていない愛猫の声を聞くと、引っ張られる形で夜鳴きが再開することも…。

他の方法と組み合わせながら、無理なくできる対応が好ましいです!

【原因④】老猫特有の夜鳴きは「病気の可能性」を疑う

老猫の夜鳴きが激しい場合には病気の可能性を疑いましょう。

  • 甲状腺機能亢進症
  • 認知症
  • 痴呆症
  • その他、腎臓病などの腎機能低下

これらの病気を発症している場合、食欲低下、嘔吐・下痢、行動の昼夜逆転、トイレの失敗、生活リズムの乱れなどの別症状も見られるはずです。

まさに「夜鳴きは愛猫からの重大サイン」の状況なので、できるだけ早期に動物病院の受診をおすすめします。

【原因⑤】猫は環境や飼い主さんへの不満から夜鳴きをする

猫は、生活環境・飼い主さんに対する不満を伝えるために夜鳴きをすることがあります。

たとえば、猫の夜鳴きが激しい場合には、次のような項目をチェックしてみましょう。

  • お腹を空かせている(足りなかった)
  • トイレが汚れてしまっている
  • 運動不足、遊び足りない
  • いつもの寝床が汚れている
  • 新しい家族(猫・子ども)が増えた
  • 部屋の模様替えで落ち着かなくなった
  • いつもと違う食事で満足できなかった など

【対策】夜中に食事を与えると猫の体調不良を招きかねない

空腹が原因で夜鳴きをしている場合でも、すぐに食事・おやつを与えるべきではありません

なぜなら、食事のタイムスケジュールが崩れると体調不良を招くおそれがあるからです。

空腹で夜鳴きをするということは、食事の時間・回数・量が不適切な可能性が高いです。

どの時間にどれだけの量を与えれば夜中の空腹を避けられるかを計算しましょう。

今以上に食事量を増やすのが不安なら、1日の食事量は同じままで、食事の回数を複数に分けるなどの工夫を凝らしましょう。
ジーにゃあス編集部
ジーにゃあス編集部

【対策】トイレの汚れはすぐに掃除してあげよう

猫がトイレの汚れを訴えている場合には、すぐに安心して快適にトイレができる環境を整えてあげましょう。

すぐに対応しなければ、トイレ以外の場所で粗相をする・トイレが出来ずに腎機能等に支障が生じるなどの問題に発展しかねないからです。

また、夜中でトイレ掃除ができない場合に備えて、トイレの数を増やす・トイレのサイズを大きくするなどの方法も効果的です。

愛猫のトイレは1匹につき1つが目安ですし、掃除の頻度は少なくとも朝と夕の2回は実施しましょう。

砂の種類(シートの種類)を変えるだけでも、最初は使わなくなる可能性があるので、元から使っていたものを混ぜる(残す)などの工夫ができると良いですね。
ジーにゃあス編集部
ジーにゃあス編集部

【対策】猫と交流する時間を増やして満足感を与えよう

運動不足が原因で夜鳴きをしている場合には、普段から愛猫と触れ合う時間・回数を増やして体力を使わせるようにしましょう。

こまめなスキンシップは、猫に精神的な満足感を与えるという意味でも役立ちます。

また、今は電動のおもちゃなども市販されているので、仕事や家事・育児で忙しいという飼い主さんでも安心です。

まとめ

猫の夜鳴きは大切なメッセージです。

「うるさいな」と足蹴にするのではなく、「どうして夜鳴きをするのだろう」と猫の気持ちを探る姿勢を大切にしましょう。

特に、猫が年齢を重ねている場合には、健康上の問題を抱えている可能性も否定できません

夜鳴き以外にも色々な懸念事項があるのなら、早期に動物病院に相談するなどの対応をとってください。

Profile

ジーにゃあス-吉田
ジーにゃあス-吉田編集長
約10年の間、野良猫の保護や一時的に保護された猫の引き取りなど、多く猫たちを家族として迎え入れて一緒に過ごしてきました。現在でも、30匹ほどの猫と一緒に暮らしています。10年ほどで実際に得た知識や方法、一緒に暮らす上で役立つ情報を発信しますので、ぜひ参考にしてください。

他にもにゃんコラムでは多くの情報を発信していますので、ぜひご覧ください!