ジーにゃあス(Genyas)

猫がお手入れを嫌がる理由と対処法|慣れるまでは少しずつが鍵

  • 2023/03/13
  • お手入れ・ケア
猫 お手入れ 嫌がる

*本ページはプロモーションが含まれています
この記事は、GPTのAPIを活用することで、画像・本文・入稿に至るまですべて自動化されています。公開前に編集者のファクト・エビデンスチェックなどの工程を経ていますが、お見苦しい表記があればお問い合わせください。

愛猫がお手入れを嫌がる場合、少しずつ慣らしていく必要があります。

好きな場所から始め、触られて喜ぶ場所を見つけて短時間だけのスキンシップを繰り返すことが大切です。

また、慣れてもらうためにおやつをあげるなど、楽しいこと・嬉しいことを混ぜてあげる工夫も試してください。

今回のコラムでは、猫がお手入れを嫌がる理由や対処法を紹介します。

今回のまとめ

猫がお手入れを嫌がる理由は、以下があります。

・ブラシに慣れていない
・信頼関係が築けていない
・被毛が引っ張られて痛い
・機嫌が悪い
・ケガなどで痛い
・拘束時間が長い
・興奮して警戒心がある
・本能的に清潔に保とうとしている
・年齢を重ねて身体的な不快感がある
・嫌な経験やトラウマがある

愛猫がお手入れを嫌がるなら、少しずつ慣らしていく必要があります。まずは、触れられるのが好きな場所から始めましょう。慣れてきたらお手入れの際はおやつをあげるなど、楽しいことを混ぜてあげる工夫も試してくださいね。

猫は全身で100万本の毛を持っており、頭髪の約10倍であることから常に抜けているように感じるらしいです。納得です。
ジーにゃあス編集部
ジーにゃあス編集部

猫がお手入れを嫌がる理由はそれぞれ

猫がお手入れを嫌がる理由は、多種多様なので代表的なものを挙げておきます。

  • ブラシに慣れていない
  • 信頼関係が築けていない
  • 被毛が引っ張られて痛い
  • 機嫌が悪い
  • ケガなどで痛い
  • 拘束時間が長い
  • 興奮して警戒心がある
  • 本能的に清潔に保とうとしている
  • 年齢を重ねて身体的な不快感がある
  • 嫌な経験やトラウマがある

猫のお手入れは、空腹や興奮状態、皮膚の表面に傷や腫れなどがある場合は避けましょう。

特に母親や兄弟に毛づくろいをしてもらった経験が少ない猫は、ブラッシングに抵抗を覚えやすいので、お手入れをする前に猫の状態を確認することが大切です。

白い粉の正体は「フケ」

猫のお手入れでは、抜け毛やブラシに白い粉がついていることもありますよね。

この白い粉の正体は「フケ」と呼ばれるもので、新陳代謝によってどんな猫でも発生します。

ブラッシングで取り除いたり、フケを防ぐために猫用のフケ対策シャンプーを使うことも検討しましょう。

猫がお手入れを嫌がるときの対処法

猫は自分でお手入れをすることが多いため、飼い主さんに抵抗を示すことがあります。しかし、定期的なブラッシングや爪切りなどのお手入れは猫の健康にとって重要なことです。

猫がお手入れを嫌がるときの対処法は、以下が挙げられます。

  • 好きな場所をマッサージする
  • 部分ごとからはじめる
  • お手入れ後はおやつをあげる

好きな場所をマッサージする

猫がお手入れを嫌がるときは、好きな場所をマッサージすることからはじめます。

慣れないものや痛みを感じて抵抗してしまいますから、マッサージだけでも十分です。

マッサージは、猫がリラックスしてくれるだけでなく、触れることに慣れてもらうためにも効果的です。

慣れてきたら、猫も飼い主さんも安心してお手入れできる状態を整えられます。

部分ごとからはじめる

猫のお手入れは、部分ごとからはじめるのもおすすめです。

少しずつ時間をかけて(1日5分など短く区切ること)あげながら、触れられる部分だけを優しくお手入れします。

なお、猫が嫌がるポイントは背骨や胸骨などの骨付近です。慣れていないうちは、極力触らないようにするとより安心してすすめられます。

お手入れ後はおやつをあげる

猫がお手入れを嫌がる場合、おやつをあげるのも一つの方法です。

「お手入れ後はいいことがある」と覚えてもらえると我慢してもらえる回数が増えます。

ただし、栄養状態の偏りが起きる可能性もあるため、あげすぎには注意が必要です。

無理強いをしない

猫が嫌がるときに無理強いをすると、猫はストレスを感じてしまいますから、徐々に慣らすことが大切です。

穏やかな声で「えらいね」とかけたり、猫が安心するように声をかけたりしましょう。

猫が人の手を気にしはじめたり、耳やしっぽが動きはじめたりしたらやめるタイミングです。

保定は最終手段

保定と呼ばれる姿勢保持はあるものの、嫌がることがあるため、最終手段として使うことが必要です。

無理なく進めることができるなら、根気よくコミュニケーションをとりながら、猫を慣らしていくことが大切です。

猫のお手入れにある意外なメリット

猫のお手入れは単なる美容のためだけでなく、猫の健康維持のためにも欠かせませんが、そのほかにも意外なメリットがあります。

効果 詳細
血行促進効果 新陳代謝が高まり、老化防止や毛艶の改善などに期待できる。
病気の予防と早期発見 皮膚病や毛球症、ノミダニの寄生を予防・早期発見できる。
また、皮膚状態をチェックすることで、害虫や皮膚の腫れなどに気付き早期治療につながる。
飼い主とのスキンシップ 愛猫とのコミュニケーションづくりに役立ち、信頼関係を深められる。

猫のお手入れは、新陳代謝が高まり、老化防止や毛艶の改善などが期待できます。

病気の予防と早期発見にもつながりますし、毛皮の状態を確認できれば害虫や皮膚の腫れなども見つけられますから、皮膚病や毛球症、ノミダニの寄生などの予防・対処にも役立つはずです。

さらにお手入れは、猫とのコミュニケーションづくりに役立ち、信頼関係を深められるでしょう。

猫のお手入れで覚えておきたいポイント

猫のお手入れで覚えておきたいポイントは、以下が挙げられます。

  • できるだけ上から手を出さない
  • 脱走はあらかじめ予防する
  • 体調の変化もチェックする
    ### できるだけ上から手を出さない
    猫は非常に敏感な動物ですから、怖がってしまうのでいきなり上から手を出すのは控えましょう。

また、いきなりブラシを見せると猫は驚いて暴れるどころか、ブラシに対して恐怖心を抱いてしまう可能性があります。

可能であれば台に乗ってもらったり、飼い主さんが腰を下ろしたりするなどで目線を近づけます。

手は下から出すようにし、徐々に慣れてもらってからお手入れをはじめましょう。

脱走はあらかじめ予防する

お手入れが嫌で暴れたときに脱走してしまうことを想定し、あらかじめ窓や扉を閉めておくことも大切です。

猫が脱走してしまうと悲しい思いをするだけでなく、迷子となっている猫を探し出すために多方面で手を尽くさなければならず、場合によっては戻ってこないこともあるためです。

窓や扉を閉めるだけでなく、室内で安全に過ごしてもらうために猫用のスペースを作るなど、さまざまな方法があります。

体調の変化もチェックする

猫の体調変化を早期発見するためにも、定期的に触って体調を確認しましょう。

例えば、猫の体温が異常に高い場合は体調不良の可能性がありますし、怪我はしていないか、毛がベタついていないかなどもまとめて確認できますよね。

ほかにも、体に痛みがある場合は触れると嫌がったり、大きな声をあげたりするのですぐ気がつけます。

愛猫がお手入れを嫌がるなら徐々に慣らすが吉

愛猫がお手入れを嫌がるなら、少しずつ慣らしていく必要があります。まずは、触れられるのが好きな場所から始めましょう。

触られて喜ぶ場所を見つけ、そこからブラシをかじらせたり、じゃらしたりしながら、ブラシが怖いものではないと覚えてもらうことも大切。

愛猫が嫌がったらすぐにやめて、「今日は背中だけ」といったように、短時間でくり返し行うようにしましょう。

慣れてきたらお手入れの際はおやつをあげるなど、楽しいことを混ぜてあげる工夫も試してくださいね。