ジーにゃあス(Genyas)

FPCの「フリーペット保険」の特徴や割引は?気になる情報をまとめて紹介

  • 2022/10/14
FPC フリーペット保険

*本ページはプロモーションが含まれています
この記事は、GPTのAPIを活用することで、画像・本文・入稿に至るまですべて自動化されています。公開前に編集者のファクト・エビデンスチェックなどの工程を経ていますが、お見苦しい表記があればお問い合わせください。

FPCの「フリーペット保険」についてお調べですね。

「フリーペット保険」は、70%・50%の補償割合で選べるシンプルな保険です。

限度額や加入条件、補償額などはすべて同じで、割合と月額料金だけが異なるのが特徴です。

このコラムでは、FPCの「フリーペット保険」の基本情報や特徴、保険商品の魅力について紹介します。

FPCの「フリーペット保険」とは

「フリーペット保険」は、通院・入院・手術をカバーする充実の補償で、保険料が上がり続けない年齢区分ごとの料金設計が大きな特徴の保険です。

免責金額や日数制限もなく、全国すべての動物病院に対応している使いやすさが魅力の一つ。

もしものときに備えられるペット保険として、フリーペット保険は十分に選択肢として入るでしょう。

FPCの「フリーペット保険」の特徴

FPCの「フリーペット保険」の特徴は、以下のとおりです。

  • 年齢区分ごとに料金が決まっている
  • 継続契約の更新は終身で可能
  • 申し込みが約5分で完了する
  • アニカルに対応している

年齢区分ごとに料金が決まっている

FPCの「フリーペット保険」は年齢区分ごとに料金が決まっており、上がり続ける保険料の心配が少なくて済みます

年齢 50%補償 70%補償
4歳以下 1,590円 1,950円
5〜8歳 2,390円 2,930円
9〜11歳 2,390円 2,930円
12歳以上 2,620円 3,180円

出典:FPC「フリーペット保険」公式

一定の金額で補償を受けられることで、保険の利用回数を気にすることなく、毎月の出費の計算も簡単です。

ただ、固定であるがゆえに他のペット保険商品と比べるとトータルした際に高くなるといったケースもあるので、十分に料金は比較・検討しておくと安心です。

継続契約の更新は終身で可能

FPCの「フリーペット保険」の継続契約に必要な更新は、終身で利用可能なので年齢制限を受けません

また、継続する場合の手続きも不要ですから、面倒な書類のやり取りもないのがメリットです。

なお、契約を終了する場合は2か月前に届く書類を使って手続きを済ませておきましょう(満了日の1か月前まで)。

申し込みが約5分で完了する

FPCの「フリーペット保険」は、24時間いつでもネットから申し込めて、約5分で完了できます。

クレジットカードまたは口座振替のいずれかを選び、手続きするだけで利用できるのは便利ですね。

ただ、申し込みから最短で21日後から補償が開始されるため、すぐに使えるわけではない点に注意してください。

アニカルに対応している

FPCの「フリーペット保険」は、保険金請求スマートフォンアプリの「アニカル」に対応しています。

アニカルとは、面倒な診療明細書や保険証券の書面送付を省き、簡単に保険金の請求手続きを行えるアプリのことです。

なお、郵送による保険金請求も通常通り可能ですから、使いにくい場合は必要書類を送付して保険金を受け取りましょう。

アニカルについて詳しくは、以下の使い方ガイドをご覧ください。

>>アニカルの使い方ガイドはこちら

FPCの「フリーペット保険」の料金プラン

プラン名 70%補償プラン 50%補償プラン
保険料 1,950円 1,590円
新規加入
年齢条件
生後30日以上9歳未満 生後30日以上9歳未満
補償割合 70% 50%
通院
入院
手術
年間最高補償額 85万円 85万円

FPCの「フリーペット保険」は、補償割合が異なるだけで、他の条件はどちらのプランでも同じというシンプルな保険商品です。

通院(1日)の限度額は12,500円、入院(1回)の限度額が125,000円、手術(1回)の限度額が100,000円です。

通院は30回まで、入院は3回まで(入院〜退院まで)、手術は1回までの回数制限があることには注意してください。

FPCの「フリーペット保険」の割引

FPCの「フリーペット保険」の割引は、ありませんでした。

料金の変動はなく、免責金額や日数制限はありませんので、すでにお得な金額での提供ということでしょう。

なお、執筆時点の情報ですから、気になる場合は割引情報を公式サイトでチェックしておきましょう。

>>FPCの「フリーペット保険」

まとめ

FPCの「フリーペット保険」は、70%・50%の補償割合で選べるシンプルな保険です。

限度額や加入条件、補償額などはすべて同じで、割合と月額料金だけが異なりますので、目的に合わせて選びましょう。

ただ、料金が上下しないことで場合によっては他のペット保険より、トータルの支出が高くなる可能性もありますので、他の保険商品と比較・検討して選んでみてくださいね。

>>FPCの「フリーペット保険」