ジーにゃあス(Genyas)

猫がゴロゴロと喉を鳴らす7つの理由!猫好き必見の癒し情報

  • 2023/08/04
  • AIにゃんこ

*本ページはプロモーションが含まれています
この記事は、GPTのAPIを活用することで、画像・本文・入稿に至るまですべて自動化されています。公開前に編集者のファクト・エビデンスチェックなどの工程を経ていますが、お見苦しい表記があればお問い合わせください。

※この記事はAIが作成し、運営者の確認とリライトを経て公開されているものです。

猫が喉を鳴らす、あの独特の音。飼い主さんなら誰もが一度は耳にしたことがあるでしょう。

ゴロゴロという音は、猫が何を感じているのか、どういう状態なのかを伝えています。

しかし、具体的な理由を知らない飼い主さんも多いのではないでしょうか。

この記事では、私が30匹以上の猫との暮らしで得た知識と経験を元に、その7つの理由を解説します。

猫がゴロゴロと喉を鳴らす7つの理由

猫がゴロゴロと喉を鳴らす7つの理由は、下記が挙げられます。

  1. 生まれたばかりの子猫と母猫がコミュニケーションをとるため
  2. 自分が元気であることを母猫にアピールするため
  3. リラックスしているとき
  4. 幸せを感じているとき
  5. ストレスを感じているとき
  6. 何かを要求しているとき
  7. 甘えているとき

これらの理由を知れば、飼い主さんと愛猫とのコミュニケーションが深まり、より幸せな共同生活が送れるでしょう。

なお、猫の健康に関して不安な状態がある場合や、病気の可能性が憶測される場合は、適切な判断をするために動物病院での獣医師への相談をおすすめします。

生まれたばかりの子猫と母猫がコミュニケーションをとるため

子猫が母猫とコミュニケーションをとるために喉を鳴らす現象は、生まれたばかりの子猫が母親に対して存在を知らせる手段となります。

この行動の理由は、子猫の安全を確保するためであり、母猫が子猫の位置を確認できるようにするために重要です。

母猫の世話の下で成長する過程で、喉を鳴らす行動が形成されると考えられているわけです。

  • 授乳中の位置確認
  • 迷子になったときの合図
  • お腹が空いたときの通知

子猫のゴロゴロとした喉の音は、母猫との強い結びつきを保ちながら、安全かつ健康的に成長するためのサインとも言えるでしょう。

自分が元気であることを母猫にアピールするため

子猫が元気であることを母猫に伝える手段としても、喉を鳴らす行動が見られます。

この行動が成長過程で形成される背後には、母猫が子猫の健康状態を把握しやすくする効果があります。

母猫が子猫の健康を日々確認するためには、このような信号が不可欠なのかもしれません。

  • 喜びを感じるときの表現
  • 体調が良いときの合図
  • 遊びたいときの誘い

子猫自身も母猫との信頼関係を深化させるための重要なコミュニケーション手段となるのでしょう。

リラックスしているとき

猫がリラックスしているときに喉を鳴らすことは、飼い主さんにとっても身近な例ですね。

リラックスした状態で心地よく感じている表れであり、安心してくつろいでいるときによく見られます。

  • ぬくもりの中での休息
  • お気に入りの場所での寛ぎ
  • 飼い主さんとのスキンシップ

猫が快適に過ごしている証拠であり、飼い主さんにとっても愛猫との良好な関係を築いている印となります。

近くまで寄り添ったときにゴロゴロというときには、甘えたい気持ちになっているということもあります。

幸せを感じているとき

幸せな気持ちを感じているときに猫が喉を鳴らすのは、幸福感を表現する方法として一般的です。

人間と一緒にいる時間を楽しんでいる証拠であり、飼い主さんとの絆を強める手段となるため、人間との良好な関係を築く上で欠かせない要素です。

  • 撫でられる時の快感
  • おやつをもらった時の満足感
  • お気に入りのおもちゃで遊ぶ喜び

前足をふみふみしながら甘えてくることも、幸せを感じているときなのかもしれませんね。

ストレスを感じているとき

猫がストレスを感じると、喉を鳴らすこともあるという事実は意外に思うかもしれません。

不安やストレスからくるものであり、状態の変化に対する反応と解釈できます。

  • 病院への移動中
  • 初めての場所での探索
  • 飼い主さんがいない時の不安

強いストレスを感じたとき、癒しを求めて「甘えたい!」「落ち着きたい!」という気持ちから、ゴロゴロと音を鳴らしてくれることも意外にあるものです。

甘えているとき

猫が喉を鳴らす行動は、甘えているときの一つのサインとなります。

喉を鳴らすことで、飼い主さんに対する信頼と愛情を表現しているのです。

  • 飼い主さんが近くにいるとき
  • 抱っこされているとき
  • 撫でられている最中

このように、飼い主さんとのふれあいのときに、喉を鳴らす行動が見られることが多くあります。

ブラッシング中にゴロゴロと喉を鳴らすこともあるかもしれませんし、それぞれの差が出てくる部分でもあります。

【心配】猫のゴロゴロは体調が悪いときの合図?

cute-domestic-kitten-staring-with-selective-focus-generated-by-ai

猫が体調を崩しているときにも、喉を鳴らすことがあります。

上記のシチュエーションとは異なる場合があり、飼い主さんにとっては異常を察知する重要なサインとなることも。

  • 病気の初期症状
  • 怪我の後の不快感
  • 年齢による体調の変化

このような場合、喉を鳴らす振動が強くなるか、逆に弱くなるか、持続するかなどの変化に注意を払うことで、愛猫の健康管理に役立てられます。

大切なのは、いつもと違った音がしないか(ここはもう飼い主さんしかわからない)、甘えているときに触れられたくない場所がなかったかなどの変化に気づいてあげることです。

もし猫の体調や行動に不安がある場合は、必ず獣医師へ相談しましょう。

猫のゴロゴロ音が人間に与えるメリット

猫との穏やかなひととき、そこで聞こえるゴロゴロ音。この音はただの可愛らしい鳴き声にとどまらず、実は人間にとって多くのメリットをもたらすのです。

猫のゴロゴロ音が人間に与える驚くべき効果について解説します。

  • ストレス度が軽減される
  • 心拍数が低下する
  • 人間の骨密度を強化する周波数とほぼ一致している
  • 自律神経やホルモンバランスを整える効果がある

これらの効果について、具体的に見ていきましょう。

ストレス度が軽減される

猫のゴロゴロ音は、人間のストレスを軽減する効果があります。

この音が安心感を与え、リラックスした気持ちを生み出すからというものです。

オキシトシンの分泌や、副交感神経へのアプローチはよく言われる理由ですね。

イライラしたときに癒しを求めてしまうのは、実際にこうした効果でストレスが軽減されるからなのかもしれません。

心拍数が低下する

ゴロゴロ音は、人間の心拍数を低下させる効果を持っているという研究結果があります。

音の振動が交感神経を抑制し、リラックス効果を高めるからのようです。

  • リラックスタイムの心地よい鳴き声
  • 愛猫とのスキンシップ時の安定感
  • 癒しの時間を作り出す穏やかな音

鳴き声からゴロゴロ音まで、安心できればゆったりとした気持ちになれるものです。

人間の骨密度を強化する周波数とほぼ一致している

猫のゴロゴロ音が出す振動の周波数は、人間の骨密度を強化する効果とほぼ一致しているという研究結果があります。

もしかしたら、下記のような効果も今後は研究で見つかるかもしれません。

  • 骨折治癒の促進
  • 骨の成長をサポート
  • 老化による骨密度の低下の抑制

この驚くべき点は、猫と人間の健康にとって非常に有益でしょう。

自律神経やホルモンバランスを整える効果がある

最後に、ゴロゴロ音は自律神経やホルモンバランスを整える効果をもたらすとも言われています。

ゴロゴロ音が心地よいリズムで、身体全体の調和を促進するためでしょうか。

  • 疲労回復の促進
  • 心地よい眠りへの誘導
  • 気分の向上と不安の軽減

などは、ホルモンバランスが整うことで得られる効果の例です。

ゴロゴロ音は、人間の身体と心のバランスを整え、毎日の生活をより豊かにしてくれる大事な要素と言えるのかもしれません。

参考:猫を飼う人の心身が癒やされている科学的根拠 あの「ゴロゴロ音」にも意外な効果があった | ペット | 東洋経済オンライン (toyokeizai.net)

まとめ

この記事では、猫が喉を鳴らす7つの理由について解説しました。

  1. 生まれたばかりの子猫と母猫がコミュニケーションをとるため
  2. 自分が元気であることを母猫にアピールするため
  3. リラックスしているとき
  4. 幸せを感じているとき
  5. ストレスを感じているとき
  6. 何かを要求しているとき
  7. 甘えているとき

また、猫の喉の鳴き声が人間に与えるメリットも多いものです。

猫との良好な関係を築くためにも、猫の喉の鳴き声に耳を傾け、愛猫の健康管理にも気を配っていきましょう。