ジーにゃあス(Genyas)

猫の換毛期-完全ガイド!時期、頻度、お手入れから室内飼いのポイントまで徹底解説

  • 2023/11/29
  • AIにゃんこ

*本ページはプロモーションが含まれています
この記事は、GPTのAPIを活用することで、画像・本文・入稿に至るまですべて自動化されています。公開前に編集者のファクト・エビデンスチェックなどの工程を経ていますが、お見苦しい表記があればお問い合わせください。

クッションの上でのんびりする愛猫、突然見える大量の抜け毛の光景に、思わずため息がこぼれたことはありませんか?

抜け毛に悩まされるのは、あなたが飼い主として何かを間違えているわけではなく、猫の自然な生理現象「換毛期」のせいです。

しかし、場合によっては猫の健康を左右する抜け毛の問題が、そこに隠れているかもしれません。

そこで、この記事では、猫の換毛期完全ガイドとして、時期、頻度、お手入れ方法から室内飼いのポイントまであらゆる角度から解説します。

ブラッシングがもう少し楽になる、毛玉対策がもっと効果的になる

そんなあなたと愛猫の新しい日常を、このガイドが手助けします。

美しい愛猫との快適な生活を取り戻し、次の換毛期も余裕を持って迎えることができるでしょう。

猫の換毛期とは?

猫の換毛期とは、一年を通して起こる「古い毛を失い、新しい毛が生える」流れのことです。

抜け落ちる毛は、愛猫の生活習慣や毛の性質、住んでいる環境の寒暖差などさまざまな影響を受けます。

また、過度の毛の抜けや薄毛など、異常な換毛は栄養不足や健康問題のサインである可能性も。

そのため、「ただ毛が抜けて邪魔」ではなく、健康を判断するバロメーターとしても役立ちます。

換毛期はいつ始まる?猫の毛替わりのサイクル

猫の換毛期は季節の変わり目、特に春と秋に最も顕著に現れます。

  • 春には冬毛を脱いで薄い夏毛に切り替わる
  • 秋には夏毛を脱いで暖かい冬毛に生え変わる

例えば、日照時間の増減は、毛周期に影響を及ぼすと考えられています。

日が長くなる春には、猫は多くの毛を脱いで、涼しい夏の月を過ごしやすくするように体を調整します。

逆に、日が短くなる秋は、猫がより密な毛皮を生やす季節。

このように、換毛期は猫の毛が生え変わるため、普段よりも多くの毛玉が家の中に見られることがあります。

春と秋の毛替わり

猫の換毛期は、季節の変わり目、特に春と秋に最も顕著に現れる毛替わりのサイクルです。

春には、厚く保温性の高い冬毛が抜け落ち、夏に向けて薄く、軽い夏毛が生えてきます。

これは、体温調節のための工夫であり、毛替わりによって暑い季節も快適に過ごせます。

秋になると逆の現象が起こり、薄い夏毛が抜けて厚い冬毛に変わります。

これにより、寒い季節に向けて体を暖かく保つことができるのです。

ちょうど季節の変わり目であるこの時期は、猫の状態や健康のためにも特に注意を払いましょう。

天候と毛の生え変わりの関連性

猫の換毛期は、主に気温や日照時間といった環境要因によって、自然に調節されていると考えられています。

例えば、春が近づくと日照時間も長くなり、温度が上昇しますよね。

猫の体は温度の変化を感知し、厚く保温性の高い冬毛を抜け落とし始め、夏用の薄い毛に生え変わる準備をします。

反対に、秋になると気温が下がり、日照時間が短くなります。

その結果、猫の体は保温が必要となり、夏毛を抜け落とし、冬に向けてより密で温かい冬毛へと生え変わるという流れです。

なお、天候が猫の毛の生え変わりに大きく影響を及ぼすことは、獣医学的研究や観察を通じても確認されています。

あくまでも参考の研究やデータ

まずは、海外の研究で、オーシスト(糞便中に排泄されるトキソプラズマ)の排出に季節性があるかを調べたものです。

Seasonality in the proportions of domestic cats shedding Toxoplasma gondii or Hammondia hammondi oocysts is associated with climatic factors

換毛期には関係ありませんが、一定の季節性が認められた例です。

また、猫に近いミンクによる換毛期および季節性に関する研究もあります。

動物の季節適応機構の解明とその応用:ヒトの季節リズムの解明に向けて

それぞれ、直接的なもののデータはありませんが、海外でも基本的に気候性によって換毛期が発生するとされています。

なお、海外キャットフードの公式サイト等でも取り扱われており、ある程度のデータはあると考えて良さそうです。

換毛期の始まり:9月でも変わらない?

9月ごろから、換毛期が見られる可能性は十分にあります。

秋に入ると、猫は冬に備えて夏の薄毛から保温性の高い冬毛に毛替わりを始めるためです。

このケースも季節性が関係していると言えるでしょう。

室内飼いの猫も抜け毛に要注意!

室内飼いの猫も外にいる猫と同様に、季節の変わり目には換毛期を迎えます。

これは、気温や日照時間の変化に反応して、猫が毛の密度を調節しようとする自然な状態です。

そのため、室内飼いの猫でも、換毛期は抜け毛が増えるため、定期的なケアが必要です。

室内の照明や温度で左右される?

室内飼いの猫では、照明や温度などの室内環境も抜け毛に影響を及ぼします。

人工的な照明が季節感を与え、暖房やエアコンによる温度調節が自然の気候変化を再現しないため、猫の換毛のサイクルが乱れることもあるためです。

例えば、春や秋の換毛期でも、室内が季節に見合わない温度で保たれている場合、通常の換毛期とは異なる抜け毛のパターンを見せることがあります。

我が家では、夏のシーズン中でもふわふわを保ったり、冬場でも冬毛が生えずにスマートなままだったりする姿をよく見かけます。

というか、一定の温度を保っているといつもですね。

換毛期が終わらない?なくならない抜け毛の謎

通常、猫は季節の変わり目に換毛期を迎え、古い毛を新しい毛に置き換えるため大量の毛が抜けます。

しかし、換毛期が終わらないように見える場合、それはいくつかの理由が考えられます。

まず、先ほど触れたように、暖房や冷房による一定の室温が自然な換毛期のサイクルを乱す可能性です。

猫は季節に応じて毛量を調整する動物ですが、人工的な室内環境により、本来の換毛期はなくなることがあります。

また、栄養不足やストレス、皮膚病などの健康問題で抜け毛が増える場合もあります。

さらに、ノミやダニなどの外部寄生虫が原因で過剰なグルーミングを行い、それによって抜け毛が目立つことも。

これらの理由により、「抜け毛がなくならない」状況を引き起こしている可能性があります。

そのため、根本的な原因を特定し適切なケアを行いましょう。

長毛種と短毛種の抜け毛量の違い

長毛種と短毛種の猫では、抜け毛の量に差があります。

長毛種は、その長い毛が絡み合いやすく、見た目にも抜け毛が目立ちやすいため、一見すると多くの毛が抜けているように感じられます。

一方で、短毛種の猫でも抜け毛は発生しますが、短い毛は空間に散りばめられることもあって、溜まりにくく、また目立たないものです。

特に換毛期にはどちらの種類も抜け毛が増加します

ただし、長毛種の猫は毛がもつれてしまい、抜ける毛の束が大きくなりがちです。

抜け毛の量には個体差も大きく、季節や健康状態による変化もあることを理解しておきましょう。

終わりのサインを見逃さないために

猫の換毛期が終わるサインを見逃さないためには、猫の抜け毛量やその他の習慣を注意深く観察することが重要です。

抜け毛の量が減少し始め、猫の被毛が以前の密度や質感に戻り始めることを挙げられます。

また、猫がグルーミングをする時間も少なくなるのも終了の兆しです。

ただ、日ごろから猫の様子をよく見ていないと気づきにくいため、いつもの様子や毛の状態を覚えておきましょう。

換毛期に多い!毛球症とは

毛球症(ヘアボール)は、猫が自らの毛づくろいをする際に毛を飲み込み、それが消化管内で固まったものです。

特に換毛期に多いのは、毛づくろいをする際に摂取する毛の量が増加するからです。

毛球が大きくなりすぎると消化管を塞いでしまう可能性があるため、症状が見られた際は獣医師の診断と治療が必要です。

換毛期に多い症状と対処法

毛球症の症状としては、嘔吐、便秘、食欲不振などが挙げられます。

対処するためには、まずはブラッシングを増やすことが効果的です。

また、以下も試しましょう。

  • 猫用の毛球対策フードを与える
  • 定期的に動物病院へ受診

さらに、猫が十分な水分を摂取することも大切で、水分量の増加は消化を助け、毛球が腸内で固まりにくくなります。

対策を組み合わせることで、猫の換毛期に見られる毛球症を効果的に管理できます。

日々のお手入れで換毛期を乗り切るコツ

猫が換毛期を迎える際には、日々のお手入れがとても重要です。

  • 定期的なブラッシング
  • 状態に合わせたシャンプー

2つだけでも覚えておきましょう。

定期的なブラッシング

被毛状態を健康的に維持するためには、定期的なブラッシングを継続しましょう。

正直、何年も多くの愛猫たちと過ごしていますが、これだけでも予防と清潔を十分に保ててきました。

そのため、次項で触れているシャンプーは、ウェットティッシュのみで代用してお風呂には入れていません。

毎日のブラッシングは、抜け毛を取り除くと同時に皮膚の血行を良くし、新しい毛の成長を促すことができます。

また、ブラッシングは、毛玉が形成されるのを予防し、消化器官の問題を避けるのに役立ちます。

この時期にブラッシングをこまめに行うことは、抜け毛の量を減らし、猫ちゃんの快適さを保つ重要なケアのひとつです。

状態に合わせたシャンプー

換毛期にあわせてブラッシングの頻度を増やし、必要に応じて優しいシャンプーを取り入れる方法もあります。

ただし、猫は水を好まない生き物なので、ストレスを与えずに済むような猫用のドライシャンプーやウェットティッシュだけでも構いません

実際、動物病院やトリマーでシャンプーを受ける際、麻酔を使うというケースも散見されます。

安静にしてもらうためとはいえ、麻酔は”命”を落とすリスクが常につきまとうものです。

筆者としては、グルーミングがある以上、異常な汚れでなければ十分にドライシャンプーやウェットティッシュで落とせる範囲だと考えています。

ただ、外に出る機会のある猫にとって、皮膚を清潔に保ち、寄生虫のリスクを減少させる手助けになるのは事実です。

本来、室内で過ごしてもらいたいものですが、やむを得ずという場合は獣医師のもとで健康状態を確認してからが良いでしょう。

今すぐ実践!換毛期対策のおすすめグッズ

換毛期の時期におすすめのグッズは、特に毛の処理に役立つものです。

例えば、ファーミネーターは、換毛期に抜け落ちる下毛を効果的に取り除くことができ、猫の皮膚に優しい設計になっています。

ファーミネーターは長短の毛を問わず、余分なアンダーコートを取り除くことができるため、通常のブラッシングよりも大幅に毛の落ちる量を減らすことが可能です。

そのため、毛玉の形成を予防し、家中に毛が散乱するのを減らすのにも役立ちます。

愛猫の抜け毛に最適なブラシとは?

愛猫が換毛期を迎えると、抜け毛が増えてしまうため、ケアに適したブラシが必要です。

最適なのは、毛の長さや使いやすさで選ぶことです。

詳しくは、下記ページを参考にしてください。

毛の量で健康状態を把握

猫が換毛期に見られる毛の量は、健康状態を把握する上で重要です。

健康な猫の場合、毛が均等に抜け、肌に炎症やかさぶたが見られない限り、毛の生え変わりは自然な過程です。

しかし、毛の量が極端に多く抜ける、毛が薄くなる、あるいは皮膚に異常が見られる場合は、栄養不足、ストレス、アレルギー、あるいは感染症など健康上の問題が疑われます。

例として、猫が栄養不足である場合、毛並みは艶がなくなりやすく、毛の抜ける量も通常より多くなることがあります。

また、ストレスを受けた猫は過度のグルーミング(毛繕い)を行うことで毛を失いやすくなります。

換毛期には特に、これらのサインを見逃さず、毛の量や皮膚の様子を定期的にチェックし、毛並みの変化をモニタリングすることが重要です。

異常が見られた場合は、迅速に獣医師に相談することで、健康トラブルを早期に発見し対処しましょう。

まとめ:猫も飼い主もハッピーな換毛期を

換毛期は猫にとって自然な過程であり、季節の変わり目に起こります。

この時期、猫は古い毛を失い新しい毛に生え変わるため、抜け毛が増えます。

飼い主にとってハッピーな換毛期を迎えるには、定期的なブラッシングが有効です。

ブラッシングは抜け毛を取り除くだけでなく、猫の皮膚の血行を促進し、毛玉の形成を防ぐ効果もあります。

環境面では、猫のストレスを最小限に保ち、リラックスした空間を提供することが、換毛期の不快感を和らげる上で欠かせません。

ぜひ、まずはブラッシングの習慣づけから試してみてください。