ジーにゃあス(Genyas)

猫と一緒に暮らす・過ごす前に知っておきたい心構え-理想通りにならないわけとは?

  • 2022/03/18
  • にゃんコラム

*本ページはプロモーションが含まれています
この記事は、GPTのAPIを活用することで、画像・本文・入稿に至るまですべて自動化されています。公開前に編集者のファクト・エビデンスチェックなどの工程を経ていますが、お見苦しい表記があればお問い合わせください。

これから新しく愛猫をお迎えして、一緒に過ごしたいとお考えかと思います。

愛猫と一緒に暮らしはじめると、考えていた生活と違ったり、思わぬ発見があったりと楽しいものです。しかし、新しい命を家族として迎える以上は、その責任があるのも事実です。

そこで今回は、筆者の経験に基づいた「愛猫と一緒に過ごす前に知って欲しい心構え」を紹介します。

今回のまとめ

愛猫と暮らす日々は、想像していたとおりにならないことがほとんど。

・一緒に寝てくれる(布団に入る)
・膝に乗ってくれる
・抱っこが好き
・呼んだら来てくれる
・近くにゆったり座る
・テレビや映画を一緒に見る
・いつも遊んでくれる
・いつも寝ていて癒される など

こうした特徴はごく一部で、別の過ごし方を選ぶこともあります。

一人暮らし(家族とでも)で愛猫と一緒に過ごすなら、ペット可であるか、家を空けたときにサポートを受けられるかなど、環境に配慮して過ごしましょうね!
ジーにゃあス編集部
ジーにゃあス編集部

愛猫の習性はあくまでも基本のプロフィール

愛猫の習性は、あくまでも愛猫全体に当てはまる基本のプロフィールです。

そのため、すべての愛猫が同じ習性を持っているとは限りません。例えば、1つの場合もありますし、当てはまる項目が多いこともあります。

実際に我が家の30匹以上いる愛猫から確認できた、よくある習性を挙げると以下の通りです。

  • 単独で生活する(多頭飼いでも同じ)
  • 自由で気まま(ツンデレ)
  • ナワバリを大切にして暮らす
  • 1日の半分を寝て過ごす
  • 夜行性で夕方から明け方に活動する
  • きれい好きで汚れた所が嫌い
  • 暗い・狭い所・高い所を好む

愛猫と一緒に暮らすためには、習性を基本知識として覚えておいてくださいね。

愛猫と一緒に暮らす毎日は理想通りとはいかない

愛猫と一緒に暮らす毎日が、思い描いていたものと違うという飼い主さんは多くいます

例えば、膝に乗ってくれなかったり、一緒に寝てくれなかったりなどが代表的です。

愛猫も人間と同じように個性豊かですから、こうした理想通りでない部分があるからこそ、想像以上に楽しませてくれます。

愛猫を新しくお迎えしたとき、よく耳にする理想は以下の通りです。

  • 一緒に寝てくれる(布団に入る)
  • 膝に乗ってくれる
  • 抱っこが好き
  • 呼んだら来てくれる
  • 近くにゆったり座る
  • テレビや映画を一緒に見る
  • いつも遊んでくれる
  • いつも寝ていて癒される

実は、こうした理想通りに過ごせているのは、ごく一部だったりします。

抱っこは普通に嫌がりますし、膝に乗せてもすぐに降りる愛猫は我が家にもいます。

一方で、布団で一緒に寝てくれたり、膝が好きで離れてくれなかったりとさまざまです。

これから新しい愛猫をお迎えして一緒に暮らす毎日は、良くも悪くも理想通りとは限りませんので覚えておきましょう。

虫やネズミを食べる?「肉食動物」が愛猫の本質

愛猫は、高脂質食である肉を食べて過ごす動物ですから、本来の食生活ではネズミや野ウサギ、鳥などの肉を食べます。

難しい話ですが、「アラキドン酸・タウリン」など自らの身体で作れないため、肉から栄養を補うためです。

また、虫(バッタや蛾など)を食べることもあります。

野生で食べるものを探すとさまざまなものを口にしますが、同時に寄生虫等のリスクがあるため、できるだけ食べないよう注意が必要です。

完全に室内で過ごしている場合でも、家の中に入ってくるネズミや虫には十分に気をつけましょう

明確な研究結果はありませんでしたが、筆者と過ごす愛猫の中には実際に虫(蛾やバッタ)を食べてしまうケースがありました。病院へ受診して様子見となりましたが、現在も問題なく過ごしています。ただし、場合によっては寄生虫等のリスクがあるため注意が必要です。
ジーにゃあス編集部
ジーにゃあス編集部

肉ばかり食べても大丈夫?

愛猫は肉ばかり食べていても、脂質代謝に関する遺伝子が強く働いており、高脂肪食(いわゆる肉)の耐性が高いので問題ありません

そのため、人間でよく見かけるメタボリックや高脂血症になりにくく、健康で過ごせます。

2012年の時点で代謝構造は未解明でした。しかし、2017〜20年の3年間に研究が続けられた結果、脂質代謝が特化しており、高コレステロールの肉を食べても平気であるとわかっています。
ジーにゃあス編集部
ジーにゃあス編集部

参考:KAKEN – なぜネコは肉ばかり食べても健康でいられるか?新規代謝経路の解明と創薬応用

長く一緒に過ごせる状態か再確認

愛猫と一緒に暮らす場合、長く一緒に過ごせる状態か再確認します。

平均年齢は16.22歳ですから、少なく見積もっても10年ほどは責任を持って過ごす必要があるためです(未来の予想はできませんがある程度の覚悟は必要だからです)。

状態への考え方は人それぞれですが、急な環境の変化に弱かったり、トラブルで一緒に過ごせなくなったりするリスクがある際は要注意です。

  • 転勤したら一緒に過ごせなくなった
  • 子どもが生まれて面倒が見れなくなった
  • 一緒に暮らしはじめてからその辛さを知った

愛猫と一緒に過ごせる時間は、犬の15.30歳と比べて「約1年」ほど長くなります。

長期的に考えても、安心・安定して過ごせる状態が好ましいですね。

参考:一般社団法人 – 令和3年 全国犬愛猫飼育実態調査

一人暮らしで一緒に過ごすためには工夫が必要

一人暮らしで愛猫と一緒に過ごすなら、ペット可であるか、家を空けたときにサポートを受けられるかなどを確認します。

長時間・長期間の外出や外泊の場合は、快適に過ごせる環境を整えたり、ご飯や水も用意できる状態にしましょう。

例えば、長期間の旅行や出張で家を空ける場合には、ペットホテルやペットシッター等のサービスを利用します。治療や入院といったケースに備えて、荷物やかかりつけ医まで伝えられると安心です。
ジーにゃあス編集部
ジーにゃあス編集部

また、ペットシッターや友人からサポートを受ける場合は、事前に顔合わせして愛猫に慣れてもらう工夫も大切。

ご飯や水を摂らなかったり、ストレスによって粗相するなどのトラブルはよくあります。

一人暮らしでも愛猫と一緒に暮らせますが、『家にいないときの工夫』を考えておくと安心です。

愛猫との暮らしは寝不足も念頭に入れる

愛猫は夜行性で、夕方から朝方にかけて活動します。

そのため、遊びや運動(よく夜の運動会と言われます)に巻き込まれて、寝不足になることがしばしばあります。

寝室を別にしたり、昼間に十分な遊び・運動を取り入れる工夫が必要です。

ちなみに、寝室と別にして過ごしても、走り回る音や物が落ちる音で寝れないといったケースもあります。

人間に慣れると、昼間から同じ時間帯を過ごすこともありますが、夜は静かでないと眠れない人だったり、マンション等で騒音対策を求められたりする場合は注意が必要です。

まとめ

この記事では、やや厳しいことにも触れて心構えを紹介しました。

悲観的になったり、難しそうと感じたりした人もいるはずです。

確かに最初のうちは大変ですが、愛猫と一緒に過ごす暮らしに慣れると、多くの発見があります。

習性と違ったり、理想と違ったりと個性豊かですから、紹介した内容も気にならなくなる飼い主さんがほとんどです。

お迎えした後も、毎日を愛猫と楽しく過ごすために心構えを参考にして、土台作りからはじめてみましょう。

Profile

ジーにゃあス-吉田
ジーにゃあス-吉田編集長
約10年の間、野良猫の保護や一時的に保護された猫の引き取りなど、多く猫たちを家族として迎え入れて一緒に過ごしてきました。現在でも、30匹ほどの猫と一緒に暮らしています。10年ほどで実際に得た知識や方法、一緒に暮らす上で役立つ情報を発信しますので、ぜひ参考にしてください。